フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« レンガ博物館 | トップページ | 五老岳朝の雲海どんなんかい »

2010年11月 3日 (水)

あっ虹や虹の七色何の色

今日の夕方、舞鶴は大きな大きな虹に包まれました。

Img_7436 向うに見えているのは五老岳です。日の入近くでしたので、とても大きな虹でした。広角で撮りましたがとても全部が収まりません。

Img_7437

Img_7429_2 良く見ると二重の虹です。なぜ二重になるかは「Newton 別冊 光とは何か?」のP22,23が詳しいです。早い話、水滴に光が一回反射するか二回反射するかの違いだそうです。で、色の並びの順番が「主」と「従」の虹で違うのがわかりますか? 何でそうなるのかは、書を見てください。

またはこちら ウィキペディア「虹」

« レンガ博物館 | トップページ | 五老岳朝の雲海どんなんかい »

舞鶴だより」カテゴリの記事

コメント

まだ時雨雨ですか舞鶴・・・

もうすぐそこに

の季節が・・・

来年はスキーできるかな

 二重の虹 って始めて見た様な
神秘的ですね 不思議ですね 
 えっ 今まで気がつかなかった
だけじゃない
って影の声が聞こえそうですが

たつみんさん
新聞にはスタッドレスタイヤのチラシが入りだしました。どのくらい積もるのやら。

カンコさん
二重の虹は、水滴内を二回反射しないといけないので、雨がたくさん降り、太陽の光も強くないと見えないみたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あっ虹や虹の七色何の色:

« レンガ博物館 | トップページ | 五老岳朝の雲海どんなんかい »