フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 舞鶴の金剛院と松尾寺 | トップページ | 舞鶴のかにはまっすぐ歩けない »

2010年11月14日 (日)

安国寺大道芸は今一歩

昨日に引き続き、今日も紅葉を見に行きました。

関東ではよく「もみじ狩り」という言葉を聞きますが、京都では紅葉は狩るのではなく「見」に行くものです。紅葉を狩ってはいけません。

この「狩る」に「花や草木を、観賞するために尋ね探す」という意味もあるようです。山中を紅葉を求めて歩き回るのならこの「狩る」に当てはまるのでしょうが、紅葉の名所など最初からそこへ行けば紅葉があることがわかっている場合、この「狩る」に当てはまるのか、非常に疑問が残ります。やはり、紅葉は「見に行く」が違和感無く聞こえます。

そんなことはどうでもいいのですが、今日は舞鶴の隣、綾部市の「安国寺」へ行きました。紅葉真っ盛りで、紅葉祭りというのをやっていました。

Img_7692 山門への上り口。

Img_7716 お地蔵さん

Img_7738 境内に小さな池があり、その周囲が見事です。

Img_7722 50歳、すっぴんの案内

Img_7728 紅葉の向うに見えるのが本堂。かやぶきの本堂です。

Img_7751 本尊の「釈迦三尊坐像」、重要文化財だそうです。今日は特別に公開されていました。

Img_7746 紅葉祭りということで大道芸もやっていました。大道芸はうまい・ヘタより、個人的にはおもろい・おもろないで評価してます。大道芸はやはり横浜・みなとみらいのものがダントツに面白いです。

Img_7758 陽がさしてきました。紅葉の色が一段と映えます。

Img_7765 安国寺近くの民家に咲くコスモス。最近はかやぶきの家が減り、このようなかやぶき「風」の家が増えています。いつかはこんな家に住んでみたいものです。(いやや、by ゆう)

Img_7767 その近くになっていた柿。クマに食われた形跡はありませんでした。

Img_7772 綾部市と舞鶴市の市境付近も色づいています。

安国寺地図

« 舞鶴の金剛院と松尾寺 | トップページ | 舞鶴のかにはまっすぐ歩けない »

舞鶴だより」カテゴリの記事

コメント

 足利尊氏の生誕のお寺なのですか
萱葺きの本堂に紅葉錦素敵ですね
大道芸も似つかわしく思いますが
芸は今ひとつだったのですね

芸はよかったのですが、しゃべくりが今一歩でした。

紅葉すごく綺麗

大道芸は好きでつい足を止めて見てしまいます

でもしゃべりは大事ですよね。

芸がいまいちでもしゃべりで補える(笑)

>フッチさん

ほんまほんま。
中にはほとんどしゃべりで、芸はほんの少しという人もいますもんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安国寺大道芸は今一歩:

« 舞鶴の金剛院と松尾寺 | トップページ | 舞鶴のかにはまっすぐ歩けない »