フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

冬や!

舞鶴は気温の上では完全に冬だったのですが、今日、大晦日、今年初の積雪がありました。私は休みですが、ゆうは出勤。雷もゴロゴロ鳴っています。冬の雷って夏のものとは違い音が後々まで響き続け不気味です。
Img_7893 それでは良いお年を。

2010年12月30日 (木)

くわさんの頭ついにショートする

当初左側のヒザが痛かったのですが、28日から右側も痛くなり、痛みも半端ではなく、ほとんど立ち上がれなくなりました。立ち上がれ!くわ。

立ち上がれないので、本を読んで年末を過ごしています。

今年は、過去の仕事のことを振り返る機会があり、約10年前に悩んだ「虚数」のことを考えた一年でした。

虚数とは、高校で数学を学んだ方なら全員勉強されているはずなのですが、ほとんどの方はすっかりと忘れ去られてると思います。虚数とは、二乗してマイナスになる数字のことです。思い出しましたか?

私が生業としている無線工学の世界ではこの虚数がちょくちょく登場します。
当初はこの虚数を道具のように、あたりまえに受け入れていましたが、よくよく考えてみると「何で虚数なの」という疑問が湧いてきます。

そこで、このような本を図書館で借りてきて復習することにしました。
Img_7880 まずは「数学が生まれる物語」
志賀浩二先生という方が書かれた本で、古代の人が「ひつじが一匹、ひつじが二匹・・・」と数え、数というものが生まれたことから書かれています。
まえがきで、学校で習う数学は、過去から成熟してきた数学の「実」を先生が説明しているだけだが、この本ではその「実」がどうしてできたかを説明している、というような事が書かれています。

ただ、このシリーズでは「虚数」はほんの少し出てくるだけで、全く掘り下げられていません。

そこで、このシリーズの続き「数学が育っていく物語」も借りてきました。
Img_7889 このシリーズになるとかなり内容が高度になってき、虚数はもちろん、私が一番気になっている「オイラーの公式」のことも詳しく書かれています。

ついでに、前に買ったニュートン別冊「虚数がよくわかる」も紹介しておきましょう。
Img_7887 この本は図が多く、虚数をイメージで捉えられます。しかし、オイラーという人、数式を見ただけで、このようなイメージが頭で描けたのでしょうか。やはり、天才といううほかありません。

なぜ今頃こんなことが気になるのか? 脳がショートしてしまったのでしょうか。

しかし、虚数を使う仕事って・・・。決して、架空請求とか粉飾決算に励んでいたのではありませんからね。

2010年12月26日 (日)

転勤族住所録更新一苦労

転勤族の私は当然職場仲間も転勤族なので、彼らも引越しをしょっちゅうしています。
パソコンで住所録を管理し、それを年賀状に印刷している私は、年賀状を書くシーズンになるとまず住所録の更新から始めなければなりません。
郵便番号変換である程度まで住所は入力されますが、細かい住所は手入力しなければなりません。地名は漢字変換ソフトもうまく変換できず、一字一字変換ということも多々あり、これが結構面倒です。

今年、この住所録に載っている同年代の方が三人亡くなりました。今後、年賀状はもう出せませんが、住所録にはそのままに残しています。三人ともそれこそ年賀状だけの付き合いで、そんなに交流もなかったのですが、住所録から「削除」することはどうしてもできませんでした。

2010年12月23日 (木)

忘年会ひざを痛めて歩けません

昨日は忘年会でした。
帰り、歩いているとき足をひねったのか、今朝、起きてみるとひざが痛くて歩けません。
どこかでひねったのでしょうか。(決して忘年会が大荒れに荒れたのではありませんからね。)

昨日の夜は全く痛みは感じなかったのですが。

一日中動けず、おかげで年賀状を書き上げてしまいました。
怪我の功名???

2010年12月10日 (金)

転勤族歯医者探すの一苦労

2、3日前から奥歯が痛くなってきました。今日は、朝から鈍痛でもう我慢ができません。

あるところに固定して住んでいると、行きつけの歯医者というのがあるのでしょうが、転勤するとその都度歯医者を探さなくてはなりません。
京都に住んでいた頃は、めちゃくちゃなやぶ医者にかかって、その後散々な目にあっているので、歯医者選びは慎重になります。

意外と、ど田舎の歯医者のウデがよかったり、横浜の某歯医者は意外とヤブだったり。東京の旧東海道はコンビニよりも歯医者の件数が多い歯医者銀座でした。

舞鶴には、どこが良いのか選ぶのに苦労するほどけっこう歯医者があります。あまりにも痛いのでとりあえず最寄の歯医者に電話すると、時間は確定できないがなんとか空きが出そう、とのことでしたので治療をお願いしました。

以前に治療したところに虫歯が再発していたようで、おかげで痛みはかなり和らぎました。あー、よかった。

2010年12月 5日 (日)

グランドキャニオンドライブ記訪問者10万人突破!

2002年11月くらいに開設したホームページ「グランドキャニオンドライブ記」の訪問者が10万人を突破しました。

当時、旅行を計画するのにインターネットから情報を得たお礼に、開設したページです。
当初は見よう見まねでページを作っていましたが、スタイルシートを導入し、htmlの非推奨タグをできるだけ使わず、文法に忠実に従ったためか、GoogleやYahooで「グランドキャニオン」と検索すると、情報が古いにもかかわらず、旅行会社のページを押しのけ、トップページに掲載されます。
各企業がSEO対策として躍起になっている何かがこのページにはあるのかもわかりません。(その何かがわかれば私もSEO対策で起業し億万長者間違いなしなのですが・・・)

ただ、htmlの文法にあまり忠実でなく、レイアウトを表組みで行い、フレームを使っている「タイ旅行記」の方が一日あたりの訪問者数が多いのがなぜかわかりません。

みなさん、どのようにしてこのページにたどりつかれるのかわかりませんが、これからもよろしくお願いします。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »