フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 春や!(その2) | トップページ | 桜咲く谷に掛かるる赤い橋 »

2011年4月15日 (金)

京都駅仮面を着けてミュージカル

Img_0545_3

【4月14日(木)】
初めて観たミュージカルは「レ・ミゼラブル」。ストーリーとそこに描かれる人間模様、そして数々の名曲で、すごい衝撃を受けましたが、近畿地方ではあまりミュージカルは上演されてなくて、それ以来観に行く機会はありませんでした。

関東に引っ越してからもなかなか機会はありませんでしたが、レ・ミゼラブルと同じ東宝系の回転木馬や日テレちゃん系のアニーなども観に行きました。しかし、レ・ミゼラブルの衝撃は大きく、それを超える感動はありませんでした。

今から16年前の1995年、東京の帝国劇場へ再び「レ・ミゼラブル」を観に行きました。やはりすばらしいものでしたが、ただ、出演者に有名どころの俳優を起用していたり、決して歌がうまいとは言えない人も出演していたので、そこが残念でした。

以前から気になっていたのですが、京都駅ビルに京都劇場があります。ここでは劇団四季の「オペラ座の怪人」を上演しているようです。東京に住んでいたころは、浜松町や新橋、大崎に四季劇場があって、ライオンキングやマンマミーアを上演していて、いつかは観に行きたいと思っていましたが、結局一度も行かず。

神戸に住んでいた頃も、あの宝塚歌劇を一度観に行きたいと思っていましたが、やはり行かずじまいでした。

ふとしたことから劇団四季のホームページを見ると、このオペラ座の怪人もそこから予約できるとのことで、引越しがないとわかってから速攻で予約しました。16年ぶりのミュージカルです。

ゆうは以前録画しておいた映画版のオペラ座の怪人を観て、予習も抜かりなくバッチリ準備完了です。

この日は、京都までは初めての高速バス利用です。いつも走っている道ですが、ひたすら前を向いて運転しているので、周りの景色をゆっくり見ることはできませんが、和知あたりの渓谷越えに見える集落とその周りに咲く満開のさくらが見事でした。

お昼前に京都駅着。時間があるので近くの渉成園に行ってみました。

Img_0460渉成園受付前のしだれ桜。満開でした。受付すると、結構立派なパンフレットがもらえます。

Img_0490傍花閣。ソメイヨシノは満開を少し過ぎた頃でした。都会の真ん中なのに、静寂です。

Img_0486花びらが園内の川に流れる。この水は琵琶湖疏水からの水だそうです。大火に対する先人の知恵。

Img_0509満開のさくらも。

Img_0510舞妓さんの撮影。

Img_0541もう少しゆっくりしていたかったのですが、そろそろ時間なので京都劇場に向かいます。京都駅ビルにあり交通の便は抜群。

Img_0578 ここから入場。赤いじゅうたんが眩しい。

Img_0564_2公演は16時過ぎに終わり、夕食にはまだ時間があるので、東本願寺をぶらり。お寺と京都タワーはよく似合います。

Img_0572夕食は最近新聞で紹介されていたリド飲食街へ。京都育ちの私でも、ここの存在は全然知りませんでした。

Img_0573小さな飲み屋街です。なんとなく怪しいこの雰囲気がなかなかいいものです。

Img_0585帰りは最近導入された新型特急で。

Img_0588_2新車の匂いが残る車内でぶがり直しです。

で、オペラ座の怪人ですが、歌手の皆さんの歌がさすが劇団四季、うまいです。(あたりまえですが) 歌唱力抜群と書きたいところですが、歌唱「力」という「チカラ」を感じさせずに、自然に何オクターブもある曲を歌いきるところはさすがです。

レ・ミゼラブルでは集客を見込んででしょうか、ちょっと有名な元アイドル歌手や俳優上がりの人を起用し、聞いているこちらがヒヤヒヤするのと比べると、比較のしようもありません。

ただ、演奏がナマではなかったことは残念でした。これは、あの有名なテーマ曲がオルガンで始まるのでこういう劇場では無理なのかもしれませんが、歌手の方たちがあまりにもすばらしいので、是非、オーケストラもナマで演奏してほしいものです。(オルガンはシンセサイザーでいい)

あと、劇場の空調の音がちょっと気になりました。ミュージカルなのだから、せめてコンサートホールくらいの静寂がほしいものです。(そういえば東京の帝国劇場は地下鉄の音が聞こえてきましたが)

ついでに言うなら、オリジナルが英語で、それを日本語に翻訳しているので、メロディーと歌詞に無理があるというか不自然というところでしょうか。あちら製のミュージカルだから仕方ないのかも。

今度、レ・ミゼラブルを劇団四季がやってくれんかな。東京であろうが札幌であろうが、どこへでも観に行きます。いや、それより、本場ロンドンへでも行きましょうか。

それにしても、観劇後、頭の中をマスカレード(仮面舞踏会)の曲がぐるぐる回って離れません。誰か治して、このビョーキ。

« 春や!(その2) | トップページ | 桜咲く谷に掛かるる赤い橋 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ミュージカルですか‥いいですね!
自慢じゃないですが私は、今だかつてミュージカルと言うものを観に行った事がないんです。
てか~偶然にも今日、姉と娘と京都駅で待ち合わせて赤いじゅうたんを歩きましたよ!でぇ、京都劇場の隣にあるお店『京やさい 接方来』で食事をしました。お料理とても美味しかったですよ。
帰りに『オペラ座の怪人』の看板を見て一回ミュージカル観に行きたいなぁって話てたんですよ。

「オペラ座の怪人」観に行かれたのですね。
私は10年ほど前に大阪で観ました。何度もいろんな劇場で再演されていますね。
最近はあまり観に行っていないのですが・・・一時期「劇団四季」にはまって
よく観にいっていました。ミュージカルを一番初めに観たのは「美女と野獣」でした。
これでミュージカルの虜になってしまい「ライオンキング」「キャッツ」「オペラ座の怪人」
「マンマミーア」そしてくわさんも観られた「レ・ミゼラブル」も大阪で観ました。
劇団四季の方たちの歌、演技力はとても素晴らしいですよね!脱帽です!!
「レ・ミゼラブル」は確か鹿賀丈史さん、岩崎宏美さん、早見優さんが出演されていました。
くわさんの言われるように歌、演技、踊りがとても素晴らしい方とそうでない方が
いらして”う~ん?”と思う方も確かにおられました。総合的に見るとやはり「劇団四季」
の方が格上でしょうね!「レ・ミゼラブル」を「劇団四季」で上演すると素晴らしい作品が来上がるでしょうね・・・。実現してくれたら是非観に行きたいですね。
確かに「オペラ座の怪人」のマスカレードはインパクトが強過ぎてしばらく頭から離れてくれませんでしたね。タララ・・・余韻を楽しんでください!

>ふくちゃん
もし、一日違いだったらニアミスでしたね。
14日は当日券もあったようですので、ぜひ観に行ってください。
ただし、ミュージカル病にかかっても知りませんよ。

>おーぴーさん
おーぴーさんもミュージカル病に罹っていたのですね。
私はマスカレード病、ゆうは"Think of me""Angel of Music"病が治らないので、今日、また映画版を観てしまいましたよ。もう、あかん。

相当酷いミュージカル病にかかっておられるようですね
歌唱力の凄さに鳥肌が立って
暫くすると鳥肌物もなれて 何故か瞼が仲良しして 不届き者ですが。。。
睡魔が襲います。。。う後ろの席から横からもらいそうです
ごめんなさい。。 
レ・ミゼラブルはそんなに凄いのですか
一度 機会あれば トライして見たいと思います
 渉成園の川 琵琶湖疏水から引いたのですか?驚きですね
リド飲食街は昔 立ち飲みとかあった場所かしら 昔の話 聞いたことあります
充実した一日だったですね

>カンコさん
渉成園の水は蛤御門の変を含めて4回で焼失した東本願寺の防火用水として明治時代に琵琶湖疏水から引かれたそうですよ。近くに鴨川があるのですが、水位の関係で鴨川から引くのは無理でしょうから、琵琶湖疏水からとはうまく考えたものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都駅仮面を着けてミュージカル:

« 春や!(その2) | トップページ | 桜咲く谷に掛かるる赤い橋 »