フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 丹後富士麓に眠る安寿姫 | トップページ | 引越し先網戸がないぞ作ってまえ »

2011年7月18日 (月)

KTR乗って宮津へコンサート

今日、京都市交響楽団のコンサートが舞鶴の隣、宮津で開催されました。
京都市交響楽団、京都市で育った私にとってはなじみが深く、小学校の音楽鑑賞や中学校の卒業イベントで聴きに行っていました。
本日の曲目はロッシーニの「セビリアの理髪師序曲」、ロドリーゴの「アランフェス協奏曲」、ドボルザーク「交響曲第9番・新世界より」です。

本日の演奏は宮津会館。駐車場も少なそうだったのでKTR・北近畿タンゴ鉄道で出かけました。

Img_2931チケットは舞鶴のバザールタウンで前もって購入。前から8列目です。

Img_2938KTRの西舞鶴駅は、JRのそれと同じです。

Img_2942ただ、ホームはJRと異なります。宮津経由福知山行き。ワンマンカーです。

Img_2944 車内の様子

Img_3029_2トンネルをいくつか抜け・・・

Img_0697_1舞鶴と宮津の市境の由良川を渡ります。(別の日に撮影)

Img_0713

Img_0709向うに見えるは先週登った槇山 (別の日に撮影)

Img_3042川の向こうが宮津市側

Img_2966 意外と早く宮津駅に到着してしまいました。

Img_2973この懐かしい跨線橋。昭和の時代にタイムスリップしたようです。

Img_2974宮津駅舎

Img_2984ちょっと時間があるので宮津を散策します。宮津カトリック教会。

Img_2981カトリック教会の裏側。正面とはまた趣が異なります。

Img_3001_2さて、そろそろ時間ですのでコンサート会場の宮津会館へ向かいましょう・このような独特のデザインです。ヨットをイメージしたのか?

Img_3003さて、コンサートも終わり宮津駅前で食事しようとすると「月曜日休業」。いい雰囲気なのに残念です。

Img_3005こちらは駅前喫茶店。なかなかいい雰囲気です。

Img_3006食べるところもないので舞鶴まで帰りましょう。駅の改札付近。右の方は京都市交響楽団の団員さんです。皆さん、団体バスで移動されるのかと思っていましたが、公共の交通機関で個人で移動されているようで、待合室にも何人かおられました。

Img_3012あっ、西舞鶴行きがやってきた。

Img_3017帰りは運転の必要がありませんので、お約束の車内大宴会で帰ってきました。

先日のしょぼいコンサートに比べると、京都市交響楽団、さすがです。特に弦楽器のつややかさがなんともいえません。比較的前のほうに座っていたからでしょうか、それぞれの楽器が素粒子のようにつややかに聞こえてきます。ドボルザークの交響曲第9番はCDでも何回も聴いていますが、第二楽章の後半部分に第一バイオリン、第二バイオリン、ビオラ、チェロの主席演奏者が演奏する弦楽四重奏のような部分があったのですが、この繊細さにはしびれました。大音響フルオーケストラ後の繊細でつややかな弦楽四重奏。これは生演奏でないと再現できないでしょう。
お蔭様でこれでミュージカル病は治ったと思いますが、今度はクラシック病に罹ってしまったかもわかりません。

コンサート終了後、「くわさん」と私の名前を呼ぶ方がおられました。なんと、いつもブログを見ていただいているTANGOさんではありませんか。ほぼ満員の会場でよく私がわかったものです。目立つのかなぁ。

« 丹後富士麓に眠る安寿姫 | トップページ | 引越し先網戸がないぞ作ってまえ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

私は、最近コブクロゃピンクレディーを観に行き秋にTUBEのコンサートに行きます。
なかなか交響楽団のコンサートって聴く機会もないですがまた違った迫力‥感動を受けるんでしょうかね。

 KTRの電車 車内 車窓からの風景 全てが新鮮でした
宮津市街地も レトロなもの斬新なもの 中々素敵な町みたいですね
オーケストラに傾倒されておられる様子
感想の文でも明らかなようにお見受けします

>ふくちゃん
生演奏の音、スピーカーから出てくるものと全然違うんですよね。機会があればぜひ。

>カンコさん
宮津、自動車ではよく「通過」するのですが、今回初めてじっくりと訪問しました。
駅舎や駅前がなつかしい風景です。

こんばんは。ブログ更新をいつも楽しみにしています。
本当に、良い演奏を聴くことができました。初っ端のセヴィリアの弦の音で引き込まれました。

職場が舞鶴にありますので、「くわ」さんとすれ違う確率は、格段に高いのですが、まさか、あそこでお会いするとは思いませんでした。
「くわ」さんを見つけたときは、まるでアイドルの追いかけをしているオタクのような気分になりました。かけた声が大きかったのはそんな理由です・・。

また、どこかで。

>TANGOさん
先日はお声がけありがとうごさいました。
そうですよね。オーケストラの一見ばらばらに聞こえるチューニングが終わって、その後に演奏される初っ端のハーモニーにはいつも驚かされますね。
とうとう私もアイドルになってしまいましたか。今度お見かけしたときは私も大声で呼びかけます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KTR乗って宮津へコンサート:

« 丹後富士麓に眠る安寿姫 | トップページ | 引越し先網戸がないぞ作ってまえ »