フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 兜山頂から見る一文字 | トップページ | まいづるの魚まつりは大盛況 »

2011年10月 2日 (日)

前略でいきなり咲きし彼岸花 (神田衿子)

今、舞鶴では彼岸花が満開です。

今日の朝日新聞・天声人語にはこの彼岸花のことがテーマになっていて、タイトルの俳句はそこからの引用です。

Img_6241

Img_6231

確かに彼岸花ってタイトルの俳句のように、いきなり花が咲きます。そういう意味では桜に似ていますね。


Img_6243

Img_6280

Img_6263

Img_6284

これはススキ街道。ススキの穂先が金色に輝いていました。

« 兜山頂から見る一文字 | トップページ | まいづるの魚まつりは大盛況 »

舞鶴だより」カテゴリの記事

コメント

作者は、私の初職場の先輩でした。この句は、毎年秋には口遊んでいます。

たなか しょういちさん、コメントありがとうございます。

神田衿子さんと同じ職場だったのですか。改めて神田衿子さんってどんな人?と思っていろいろ検索してみましたが著書が一冊分かっただけで全く経歴が分かりませんでした。
ただこの句、有名なようで、何人かの方がこの句を引用されているようです。

ところでこの記事、いまからちょうど10年前の記事ですね。もうあれから10年か、と懐かしく舞鶴生活を思い出しました。

くわ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前略でいきなり咲きし彼岸花 (神田衿子):

« 兜山頂から見る一文字 | トップページ | まいづるの魚まつりは大盛況 »