フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 火の用心愛宕山へ初参り | トップページ | 久々にレンタルビデオちと苦言 »

2012年1月14日 (土)

京の冬マンマミーアで大フィーバー

と言ってもパチンコの話ではありません。
またまた京都駅へミュージカルを観にいきました。
マンマミーア
イタリア語らしいですが、日本語では
「わぉ、なんてこった」
という意味だそうです。

前日から舞鶴は吹雪状態になり電車の運行が心配されましたが意外と積もらず、時間がたっぷりあったので「ぶらり各駅停車の旅」で京都まで行きました。

Img_0425

Img_0436

舞鶴ではほとんど雪は積もっていませんでしたが、山間部になるとこのとおり。


Img_0461

トンネルをくぐり・・・


Img_0459

鉄橋を渡り・・・


Img_0522

ようやく京都駅に到着。山陰線のこの行き止まりのレールが旅情を誘います。


Img_0509

Img_0516

京都駅ビルの京都劇場へ。今年でオープン10周年だそうです。


Img_0519

観終わった後劇場前の「がんこ」で豪華しゃぶしゃぶディナー。日はとっぷりと暮れていました。京都タワーのライトアップ、昔は実家からも小さくですが見えていました。


Img_0523

帰りは豪華特急で。


で、マンマミーアですがABBAの曲でできたミュージカルでお馴染みの曲ばかりでできています。

英語の歌詞を日本語に翻訳しているのでやや不自然なところがあるのと、せりふがミュージカル特有のなんかわざとらしいせりふが続いていました。

ストーリーは最後に意外な結末があるとのことでしたが、別の意味で「えっ!」という感じでした。

ABBAの曲なので音域も広くなく、劇団四季の皆さんは軽く歌いこなせられて物足りないと言ったところでしょう。このミュージカル、幕が降りてから盛り上がり、劇場内は大フィーバー状態になります。けど、今回はミュージカル病にかからなくて良かったです。

« 火の用心愛宕山へ初参り | トップページ | 久々にレンタルビデオちと苦言 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

雪景色を堪能してのマンマミーアを鑑賞だったのですね~
素敵ですね
ABBAは学生の頃好きなアーティストだったので
見に行きたい感はあるのですが
なんだか曲のイメージが壊れそうで怖いです

>カンコさん
なんか、曲が使えるよう無理やりストーリーを作ったような感じでした。
強くはおすすめしません。

こんにちは!お久しぶりです。
”マンマミーア”数年前に大阪四季劇場でフッチと一緒に観ました!
知っている曲が多くてとても楽しいミュージカルでした
前田美波里さんがとってもきれいでしたよ。スタンディングオベーションでした!
私が観た少し後にミュージカル初観賞の夫が会社の行事で観に行って
とても良かったと喜んでいました。
ミュージカルは最近はまったく観に行ってません。
観たいと思う作品がなくて・・・。

>おーぴーさん
お久しぶりです。
やはりご覧になってましたか。
私が観たときはドナ役をレ・ミゼラブルのコゼット役だった鈴木ほのかさんがやられていて、時代の流れを感じてしまいました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の冬マンマミーアで大フィーバー:

« 火の用心愛宕山へ初参り | トップページ | 久々にレンタルビデオちと苦言 »