フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« しっかりと前見て運転交通安全 | トップページ | かやぶきのパワーに残暑もどこへやら »

2012年7月22日 (日)

夏休み海水浴に連れてって

京都の小学生たちはこの週末から夏休みに入ったようです。

私の子供のころの夏休みの楽しみは丹後や若狭への海水浴でした。
家族や従兄弟たちと京都駅を5時台に出発する山陰線の各駅停車に乗って・・・列車は保津峡を越え、亀岡、園部とゆっくりと北上し・・・

Img9531

Img9513 高い鉄橋を渡り・・・

Img_9597 川を渡り・・

Img_9497 山また山を越え、やがて綾部へ。

綾部で乗り換え、さらに西舞鶴で乗り換え、久美浜の小天橋の海水浴場に着くのは昼過ぎでした。
当時はこんな特急の電車ではなくて、ディーゼル機関車が引っ張るチョコレート色の客車でした。亀岡を過ぎたあたりで線路沿いに咲いていたオオマツヨイグサの花がなぜか印象に残っています。

Img_0387 オオマツヨクグサ?

最近、やたらと子供のころのことを思い出してしまいます。

« しっかりと前見て運転交通安全 | トップページ | かやぶきのパワーに残暑もどこへやら »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

くわさん、おはようございます
おじさんも小学校の時の思いでです。
京都市には海が無いのでワクワクした思い出が。
あの山越したら海が見えるかなって本当にワクワクさました。
いい思い出ですね。
今でも海を見るとワクワクします。

>おじさん
そうですね。京都市民にとって「海」というのはわくわくするものでしたね。
毎日見る今は憂鬱になります。

いい写真です
電車が来るのを待ちかまえて撮るのって 時間もかかりますね

いづみさん
あらかじめ時間を調べていますがそうですね。
それより踏切の警報も鳴らずに突然電車がやってくるので目が離せないところが辛いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み海水浴に連れてって:

« しっかりと前見て運転交通安全 | トップページ | かやぶきのパワーに残暑もどこへやら »