フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 田辺城いずれアヤメかカキツバタ | トップページ | 満々と水をたたえた世屋棚田 »

2013年5月26日 (日)

会津藩奴隊もいざ参戦

本日、5月26日(日)、天気が良くて気温も30度を超える舞鶴で、田辺城まつりが開催されました。

Img_2602 祭り会場はもちろん田辺城。天気も良くてたくさんの人出です。

Img_2605

Img_2610 ステージでは太鼓の演舞。

Img_2620 その後ゆうさいくんが登場し古今伝授。ちょっと練習不足か?

Img_2631 次に大行列が出発。先頭は京都府警の平安騎馬隊。京都から来られました。馬に乗って? いやいや、馬の輸送車がこの田辺城の前の警察署に停めてありました。

Img_2640

Img_2642 大砲もころがして市内を練り歩きます。

Img_2648 山伏はほら貝を吹き鳴らします。ちょっと音が・・・

Img_2693 なんでも今年は福島県から会津藩奴隊が駆けつけてくれたそうです。しかし、その理由が大河ドラマを八重の桜から細川ガラシャにつなげようという、なんかちょっとセコイ話です。

Img_2705 それにしてもこの暑い中、甲冑を着ての大行列、お疲れさんです。

Img_2719 会津藩奴隊はバスに乗ってもう帰らないといけないそうで、最後にもう一度演舞してくれました。9時間かかるとのことで、今日の大河ドラマは見られないのでしょう。

Img_2659

Img_2710

Img_2747

Img_2746 今年も各町内の芸屋台の展示がされていました。なかなか歴史を感じさせる大きな古美術品といった趣です。

[昨年の記事]

[田辺城まつり実行委員会]

« 田辺城いずれアヤメかカキツバタ | トップページ | 満々と水をたたえた世屋棚田 »

舞鶴だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会津藩奴隊もいざ参戦:

« 田辺城いずれアヤメかカキツバタ | トップページ | 満々と水をたたえた世屋棚田 »