フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« かじりかけリンゴが我が家をかじり出す | トップページ | 砥峰のススキはただいま成長中 »

2013年7月19日 (金)

兵庫県山を掘ったら銀が出た

富士山が世界遺産に登録されたとのことで、世間は大騒ぎです。
数年前、島根県の石見銀山も世界遺産に登録されていますが、登録された直後は同じように大騒ぎでしたが、いまはすっかり熱が冷めてしまったようです。
京都府の隣、兵庫県にも銀山があります。その名も「生野銀山」。三連休の初日、ちょっと行ってみました。

Img_3879 生野銀山は兵庫県のほぼ中央にあります。

Img_3882 最後はは三菱系の鉱山になりましたが、明治時代は皇室財産だったそうです。

Img_3885 入場料金一人900円を支払い門をくぐります。

Img_3890 左側のトンネルが坑道への入り口、右の赤い橋の奥が出口です。

Img_3899 坑内は夏も冬も13度。今の季節、寒く感じます。

Img_3922

Img_3929

Img_3958 当時の坑内の様子が再現されています。この銀山は昭和48年まで現役だったそうで、江戸時代に閉山した石見銀山に比べると近代的です。

Img_3977 トロッコのレールも残っていました。

Img_3999 山の上には露天掘りの後も。豊富な埋蔵量だったのでしょう。

Img_4014

Img_4023 滝とネムノキ。

Img_4033

Img_4038 資料館には当時の坑道の断面の模型がありました。まるで蟻の巣のよう。総延長はなななんと350kmにもなるそうです。350mではありません、キロですよキロ。直線に伸ばすと例の富士山の麓までたどり着くそうです。

Img_4056 つい最近まで現役だったので世界遺産にはならないのでしょうが、近代化産業遺産に認定されているようです。

Img_4055 工場の前の建物は昭和の匂いが。

生野銀山、西暦807年に発見されていたそうですが、本格的に掘り出されたのは1542年からだそうです。それまでは精錬の技術がなかったのでしょう。石見銀山からも坑夫を呼び寄せていたそうです。
生野の街も石見銀山と同じくなかなか味のある街並みで、また時間を作って行ってみたいと思います。

« かじりかけリンゴが我が家をかじり出す | トップページ | 砥峰のススキはただいま成長中 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫県山を掘ったら銀が出た:

« かじりかけリンゴが我が家をかじり出す | トップページ | 砥峰のススキはただいま成長中 »