フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

ニュージーランドへ出発

今日からニュージーランドへ行きます。舞鶴を早朝に出て、今、成田空港。シドニー経由でニュージーランドのクイーンズタウンへ。明日の14時過ぎに到着予定です。

1377939801173.jpg
まずは伊丹から、

1377939802123.jpg
成田空港。
20:30のカンタス便で出発です。

2013年8月26日 (月)

舞鶴にラジオ体操やってきた

我が家の朝はKBS京都ラジオの「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」で始まります。毎朝6時半からのオープニングトークは爆笑で、毎日よくもまぁ、こんなにネタがあるなと、感心します。アシスタントの中村薫さんの天然ぶりも秀逸です。

そんななか、今朝だけはいつもと違う朝を迎えました。舞鶴市、市制70周年記念イベントとして、NHKのラジオ体操がやってきたのです。夏期巡回ラジオ体操の公開生放送です。
6時、眠い目をこすりながら会場の西運動公園へ向かいます。

Dscf5238会場には既にたくさんの人で、舞鶴市各地からバスでの来場です。自衛隊員も来ていて、総勢1,300人来ていたそうです。

Dscf5240本番は6時30分からですが、それまで司会の多胡さんから説明と本番に向けての準備体操が始まります。左の木の箱はピアノ。伴奏のピアノも生演奏です。

Dscf5244 これはまだ準備体操。

Dscf5245 これも準備体操。なんか本番より難しい体操でした。

で、6時30分、おなじみのテーマ曲で番組が始まりました。リハーサル通り拍手もバッチリです。
10分間、みっちりと体操をし、最後は拍手で終わりました。

Dscf5246 帰りがけ、参加賞をもらいました。

Dscf5249中身はこんなの。

ラジオ体操、子供のころから我流でやってましたが、この歳になって初めて正しい体操を習いました。

Nhk_radio

明日は近江八幡へ行くそうです。

2013年8月25日 (日)

舞鶴にケーズデンキができちゃった

今年3月にオープンしたヤマダ電機に引き続き、今度は「新製品が安い、ケーズデンキ♪」が先日オープンし、早速行ってみました。

Dscf5234場所は東舞鶴駅のまん前。非常に便利なところです。

Dscf5235アドバルーンも大歓迎。

中はお客さんでごった返し、大盛況でした。

もう一方のヤマダ電機、開店当初は大盛況でしたが、最近、お客さんより店員さんの方が多いのがやや気になります。結局お客さんの喰い合いで、共倒れにならなければいいのですが。

2013年8月17日 (土)

忘れてたニュージーランドは地震国

もうすぐニュージーランドへ出発。そこで英語の耳慣らしをしようと、昨日のお昼休み、スマホで[ラジオ・ニュージーランド]のスイッチをポチッとすると、何やらただごとではない雰囲気。よく聴くとニュージーランドの首都ウェリントン近くで、昨日の8月16日の日本時間午前11時30分(現地時間14時30分)頃にマグニチュード6クラスの地震があったそうです。アナウンサーが現地レポーターに電話で取材するも、その声が度切れ途切れで、それが余計に緊迫感を出します。

ラジオ・ニュージーランドのホームページを見るとビルなどには被害があったようですが、大きな人的被害とかはなさそうです。ウェリントン空港も一時的に閉鎖されたようですが、大丈夫そうです。ただ、余震の可能性もあるとのこと。日本ではまったく報道されていないようです。

そういえば、東北大震災の約一ヶ月前に南島のクライストチャーチで地震があり日本人留学生が亡くなったのは記憶に新しいところです。
今度行くクイーンズタウンは南島の南部。今回の地震は北島とはいえ限りなく南島に近い所なので余震が広がらなければいいのですが。やや、心配です。

[ラジオ・ニュージーランドの記事]

2013年8月16日 (金)

ワッショイの掛け声で回せ万灯籠

毎年8月16日、舞鶴・伊佐津川の河口では万灯籠(マンドロ)という火祭りが行われます。なんでも、昔、クラゲの大量発生で漁に出られない漁師が海神の怒りを鎮めるために行われたそうな。今日は昼間から太鼓をドドドンと映画ジュマンジのように鳴らしながら軽トラが市内を走り回り、祭り気分を高めてくれます。

Img_7507 地元の小学生の作品でしょうか? 万灯籠の解説。

Img_7518_2 川には目印の灯ろうが浮かぶ。

Img_7523 午後8時、火の神様の愛宕山の麓、円隆寺からのご神火を手に持った若者が走って会場に到着です。

Img_7526 ご神火を持って川に入ります。

Img_4508 そのご万灯籠も川に運び・・・

Img_4515 あーだこーだと言いながら態勢を整え・・・

Img_4522 万灯籠に点火。

Img_4531 みんなの力を合わせて立ち上げます。

Img_7546_2 垂直に立った。これからこれをグルグルと回転させます。

Img_4552 ワッショイワッショイという掛け声とともに、グルグル回せ回せ! 観客も拍手喝采です。

Img_4553 倒れそうになりながらも何回か持ち直し・・・

Img_7553 おっ、人が登ってる。

Img_7555 何回回ったでしょうか、数分後あっけなく倒れてしまいました。若い衆は今夜はお神酒で飲み明かしでしょう。 一昨日、今日と舞鶴の火祭りを堪能できた夏でした。

[吉原の万灯籠]

2013年8月14日 (水)

夏空へ火を投げ点ける揚松明

毎年8月14日、舞鶴の城屋の雨引神社で松明がともされます。揚松明という400年に渡る伝統行事で、舞鶴に来て四年目、初めて行く機会ができました。

Img_4465 暗くなる前に下見。

Img_4466 これが松明のようです。どのようにして火が点けられるのでしょうか?

Img_4462 幟も高々と揚がっています。付近に駐車場はなさそうなので、ちょっと遠いですが自転車で行きましょう。

Img_7366一旦家に帰り自転車をエッチラコッチラこいで再び神社へ。

Img_7396 祭りの前にお参り。

Img_7400

Img_7369 松明の点火は夜10時からです。

Img_7371 屋台も3店出ていました。食べ物はこのやきとりだけ。

Img_7381 点火までかなり時間があります。松明の向こうにはアンタレスが赤々と既に点灯中。

Img_7394 9時。太鼓が奉納。

Img_7419 その後盆踊りの奉納。

Img_7427 盆踊りも終わり、続々と人が詰めかけます。消防車も準備万端。

Img_7432 午後10時過ぎ、青年団の若い衆が手に火を持ち、松明の元をぐるぐる回り出します。

Img_7457 種火をぐるぐるまわし、火勢を強め・・・

Img_7438 「エイッ」と松明に向かって投げ揚げます。

Img_7441_2 松明に火が灯り、見物人からは拍手喝采、祭りが盛り上がってきます。

Img_7444

Img_7448 若い衆はタイミングを合わせ一斉に種火を投げ揚げ、なかなかの迫力です。

Img_7466 松明はどんどん燃え上がり、落ちてくる火の粉が滝のようです。

Img_7491 すると松明を支えていたしめ縄が焼き切れ、すごい勢いで火の固まりがこちらに落ちてくるではありませんか!

Img_7498 これはえらいこっちゃ、火事になる。そこで消防団の出番です。

Img_7503 先ほど火を点けていた若い衆もバケツリレーで消火活動。

揚松明、初めて見ましたがすごい迫力で、松明が落ちた瞬間は大爆発したような火の明るさでした。若い衆はこのあと朝までお神酒を飲み明かしたのでしょう。

帰り道、田んぼからはクツワムシや鈴虫の鳴き声が聞こえてきて、秋の気配を感じさせる夜でした。

[城屋の揚松明]

2013年8月11日 (日)

ユリの花枯れるほどの暑さかな

新聞やラジオで最近さかんに琵琶湖湖畔の函館山のユリ園の広告を見たり聞いたりします。先日の新聞には入園料1,800円が1,000円になる割引券が載っていました。ハサミでジョキジョキ切り、避暑がてら行ってみました。

Img_0136 お盆週間のためかすごい人出。写真中央のチケット売り場でチケットを買います。ここの割引券、あちこちでばらまいているようで、ほとんどのお客さんは割引価格で入園しています。これなら初めから1,000円にしておけば、割引券の印刷代も省けるのに。

Img_0138 ま、そんなことは気にせずにゴンドラ乗り場へ。ゴンドラに乗る前に記念撮影を強制的に取られます。

Img_7192 ゴンドラはどんどん高度を稼ぎ、それにつれ徐々に涼しくなってきます。

Img_7198_2 上に着くと、涼しい。しばらく灼熱地獄が解放です。それにしても肝心のユリはほとんど枯れてしまってます。なんでも今年は暑かったので、いつもより早く開花して早く散ってしまったとのこと。

Img_7259 それでも、この森のエリアは今がちょうど見ごろとのことでした。

Img_7309 白いのや・・・

Img_7324 赤いのや・・・

Img_7247 黄色いの。色とりどりで鮮やかです。

Img_7212

Img_7221

Img_7332

Img_7333

Img_7266 森を出て、草原に出ましょう。ここは冬は箱舘山スキー場になります。というか、本来はスキー場で夏場にもお客さんを呼び込もうとユリ園を開園したのではないかと思います。

Img_7201

Img_7206 これは「コキア」、ほうき草という名前だそうです。ほうきというより巨大マリモという感じ。

Img_7283 草原エリアはほとんど枯れていましたが、まだ生き残っているものも。

Img_7293

Img_7297

Img_7271_2 午前中は涼しかったのですが、午後になるとさすがに暑くなってきます。ユリソフトを食しましょう。350円。

Img_0140 その後、下に降りましたがめちゃくちゃ暑い。琵琶湖畔にでてもやはり暑い。このままだったら、ユリの花は春の花になってしまうのではないでしょうか。

[びわこ箱舘山ゆり園]

2013年8月 9日 (金)

高潮に注意せよは夏の証

神戸に住んでいるときは気がつかなかったのですが、毎年夏になると日本海側には高潮注意報が発表されます。兵庫県と京都府の県境で「スパッ」と潮位が変わるわけでもなく、兵庫県の日本海側に高潮注意報が出ると、それに引きづられ京都府にも高潮注意報が発表されます。

Img_0105 潮位が上がると川の水も増えます。隣はガソリンスタンド。ガソリンが流失しないかといつも心配してしまいます。

Img_0108 ある駐車場。自動車より船の方が高い! この水は塩水なのでクルマは停めない方がいいです。

高潮、舞鶴の夏の風物詩。ちょっと心配で、「ヒヤッ」としてしまいます。

[2010年の高潮]

[2011年の高潮]

2013年8月 5日 (月)

夏草や白い球を転がして

綾部の二王公園にパターゴルフ場があります。走ってばかりでは飽きてくるので、たまには違うスポーツを楽しみましょう。

Img_6862 本格的?に、なんと18ホールもあります。

Img_6859 写真の奥に写っているのはあやべ温泉「二王の湯」。で、スコアは内緒です。

2013年8月 1日 (木)

カンガルー、ホップ、ステップ、ニュージーランド

今日から八月。子供たちはとっくに夏休みを迎えていますが、私たちオトナもお盆休みのシーズンです。 先日の新聞かテレビのニュースで、今年のゴールデンウィークは曜日の配列が悪く、連休が分割されていたので国内旅行に出かけた人は多かったそうですが、海外旅行は低調でその代わり今年の夏休みシーズンは海外旅行の予約が多いとのことです。 そういえば、5月の連休過ぎから、何とか新聞とかヤフ◯とか、いろいろなホームページにこんな広告がしょっちゅう掲載されていたのを見た方も多いのではないでしょうか。

Qtair_2 カンタスニュージーランドセール。カンタス航空の広告です。カンタス航空というとオーストラリアのフラッグキャリア。なのになぜかニュージーランドセールというのを5月一杯までやっていました。最近、星子さん撮影でさらに南の星空が気になっている私の触手をくすぐります。

そのうちこんなのも出てきだしました。ニュージーランド航空。

Nzair_2 クッキーを喰わされてしまったのでしょうか、見るページ見るページ、私の周囲を「ニュージーランド」が取り囲みます。

10年以上も前、ロードオブザリングという映画を見たとき、あまりの風景の美しさに、「これはどだ」と思って調べてみるとニュージーランドということでした。

こんな景色の美しい国、これはぜひ行ってみないといけません。

で、ニュージーランドへ行くのであれば当然ニュージーランド航空でしょう、と調べてみると、関空から出発できますが、クイーンズタウンというカンタスの広告のオネエさんが写っている景色の良さげなところへは意外と接続が悪く、ニュージーランド北島のオークランドで乗り継がないといけません。しかも帰りはそこに一泊する必要があります。また119,000円で行けるのは限られた曜日しかありません。

一方のカンタス航空。オーストラリアのシドニー乗り継ぎになりますがクイーンズタウンへの接続時間も曜日もバッチリ。日本からは成田発着ですが、大阪の伊丹空港からでも追加料金ナシで行けます。お値段も往き34,500円、帰りは3万円台のチケットは売り切れ44,000円。燃油サーチャージを加え諸費用込みでも往復14万円ちょっとで行けそうです。

思わずカンタス航空の広告を「ポチッ」としてしまいました。あとはイケイケゴーゴーです。

ニュージーランドというと星空が綺麗なテカポ湖が有名です。クイーンズタウンから、このテカポ周辺をレンタカーで回ることにしました。

久々の海外レンタカーですが日本と同様の左側通行です。舞鶴警察署で国際免許も取得。京都府の場合、京都市内の運転免許センターかここ舞鶴警察署の二ヶ所でしか国際運転免許は取得できません。京都市内の運転免許センターは結構不便なところにあるのですが、それに比べると舞鶴での国際運転免許の取得はお手軽です。Tさんともばったりお会いできたし。

シドニー経由ですが、往路の乗り継ぎ時間が2時間ちょっと。前回、オーストラリア旅行では飛行機の遅延で乗り継ぎに散々苦労し、乗り継ぎ時間には3時間欲しいと思っていましたが、今回は国際線乗り継ぎで入国審査もなく、また同じカンタス同士の乗り継ぎなのでなんとかなるでしょう。

カンタスニュージーランドセールが終わった6月からはこんな広告に変わっていました。

Cantas_syd_2 カンタスシドニーマラソンセール。しかし、ニュージーランド行きチケットも5月と同額で売られていました。が、さすがに3万円台のチケットは売りきれていたようです。ラッキー

ここ最近イロイロあってなかなか海外には行けませんでしたが、久々の海外旅行。楽しみです。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »