フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 雨の前食心坊で酔っぱらい | トップページ | 引越し騒動記2014 »

2014年4月 1日 (火)

転勤族どこへ行くかはミステリー

みなさん、とうとう舞鶴から転勤する日がやってきました。この記事がアップされる頃は転勤先に移動中です。

意外と長く、4年もいた舞鶴、ちょっと振り返ってみましょう。

【春】

Img_7481 4年前の春、桜が満開の舞鶴にやってきて、吉田の瑠璃時のしだれ桜に感嘆。

Img_0014 赤れんが倉庫と桜もお見事

Img_2640 ゴールデンウィーク明け、田辺城で田辺城まつりが開催され

Img_3376 吉原の入江もだんだん日差しが強くなり

Img_3014 舞鶴港めぐりの船上で吹かれる風も心地よい

【夏】

Dscf0627 伊佐津川沿いをジョギング。

Img_3841 舞鶴自然文化園では満開のあじさい。

 

Img_7448 夏の揚げ松明の迫力に驚き

Img_3948 吉原の水無月神社の透き通る赤い光の鳥居が特徴の夏祭り。

Img_7438 その帰りはレトロな銭湯で汗を流しました。

【秋】

Img_5081 海沿いに満開のコスモス

Img_6308 舞鶴の象徴、赤れんが倉庫群

Img_5387 これまた舞鶴名物の雲海。

Img_6635 晩秋のえびす祭りで舞鶴は一気に冬に突入します。

【冬】

Dscf1565 舞鶴の冬はこのように鉛色の雲に覆われます。冬の日本海側特有の不気味な雷の音で、気分も鉛色。

Img_9043 サザンカも雪の重みで下向き加減。

Img_9160 そんな雪ですが、このような素晴らしい景色も演出してくれました。

Img_7596 そんな冬の定番は、あったかい部屋でおいしいカニ祭りで冬を乗り切ったのでした。

Img_2537 恒例の記念撮影

舞鶴には4年いたことになりますが、あんなことやこんなこと、イロイロとあったのであっという間に過ぎてしまった感じです。舞鶴市民の皆さん、関係者のみなさん、どうもお世話になりました。
え、どこへ行くのかって? それはまさにミステリー。行ってからのお楽しみです。次回の記事で明らかになるでしょう。

« 雨の前食心坊で酔っぱらい | トップページ | 引越し騒動記2014 »

舞鶴だより」カテゴリの記事

コメント

くわさん、おおきにでした。
舞鶴の名所他、良い写真で数々ご案内頂き、ここは僕のお気に入りのブログです。

最後の最後に、直接お話も出来、ほんとに興奮しました。
転勤先でも、ナイスな写真で現地のご紹介お願いします。期待してます。

お元気で。

TANGOさん
突然のお声がけ、ありがとうございました。
無事、引越し先にたどり着きました。
同じ様な間取りですが、扉のノブの形が違ったり、トイレの水洗レバーの位置が左右逆転していたりで混乱しています。
また、舞鶴ですれ違ったときはお声がけ、よろしくお願いします。

転勤族ですといたしかたないですね。
 舞鶴にも星を撮影する仲間がいますが、
最近はめっきり少なくなり、高齢化?しています。
 まあ 自分も最近は長距離遠征が多くなりましたので
地元で撮影することは少なくなりましたが。
 転勤先が星の美しいところだといいですね。
お世話になりました。

satelight57さん
こちらこそお世話になりました。真っ暗な中でお会いしたので、顔もよく分かりませんでした。
転勤先は都会で星空はほぼ期待できないところです。
またお会いできることを楽しみにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 転勤族どこへ行くかはミステリー:

« 雨の前食心坊で酔っぱらい | トップページ | 引越し騒動記2014 »