フォト
2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« カンガルーなぜここにいるのかカンガルー | トップページ | 合馬川車の光に悩まされ »

2014年6月 7日 (土)

梅雨空にホタルの光乱舞する

公害の街の印象がある北九州ですが、市のホームページを見るとホタルがあっちこっちで飛んでいるようです。

自然がいっぱいの舞鶴にもたくさんいました。舞鶴よりは数は少ないだろうけど期待せず、ま、せっかくなので見に行ってみましょう。

Img_0721to0728場所は小倉南区の紫川。河原橋で暗くなるのを待つと・・・20時過ぎから飛び出しました。

Img_6576to6587_3_2 それにしてもたくさん飛んでいます。

Img_6607to6608_2 川の下流方向。地元の人が土手からの転落防止にローソクを灯してくれています。

Img_6604 こちらも茂みの奥からどんどん飛んできます。

Img_6609to6610

Img_6625 ホタルは疲れたのか飛び出して一時間ちょっとの21時半頃には飛ぶのをやめ草むらで休憩してしまいました。

いままで何度かホタルを見ましたが、当初の予想を覆され、今まで見た中でここは最大級の数です。それに、平日なのに人もたくさん来ていました。一番いいのは舞鶴にはいるクマがここにはいないので、安心して撮影できること。この安心感はホタルの数より大きいです。

それにしても公害の印象がある北九州なのになぜこんなにたくさんホタルがいるのでしょうか。テレビのニュースで八幡西区のホタルの名所でホタル祭りが開催されたとのことで、今度はそっちに行ってみないといけません。

[北九州ホタルマップ]

[ホタル見どころマップ、紫川]

« カンガルーなぜここにいるのかカンガルー | トップページ | 合馬川車の光に悩まされ »

北九州だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨空にホタルの光乱舞する:

« カンガルーなぜここにいるのかカンガルー | トップページ | 合馬川車の光に悩まされ »