フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 門司港のレトロ街を散策す(その3) | トップページ | 赤い橋中秋名月鮮やかに »

2014年9月 2日 (火)

運河沿い猫の巣窟ミュージカル

今年のゴールデンウィーク、博多へどんたくを見に行ったとき、あのミュージカル「キャッツ」をやっていることを知り、いつかは見たいなと思っていました。8月のある日、念願叶って足を運んできました。

Img_1442 北九州からJRで博多に向かう途中の折尾駅で、何と昔懐かしい駅弁を売っているではありませんか。北九州名物、東筑軒の「かしわめし」。買おうかと思いましたが、時間がまだ早かったのと通勤仕様の電車だったので次回のお楽しみにしました。時間帯が悪かったのか売れ行きも今ひとつでした。

Img_1443 やってきました、博多駅。

Img_1447 駅前通りはキャッツの幟が出迎えてくれます。

Img_3750 歩いて20分くらいでキャナルシティに到着。しかし、劇場の場所が分かりません。

Img_1459 案内のオネエサンに教えてもらうと、ネコの足跡が案内してくれます。

Img_1460 で、足跡をたどっていくと・・・

Img_1466 キャナルシティ劇場に到着。

Img_1462 ちょうど開いたところでした。

Img_1479 始まるまで、劇場内をうろつきましょう。後ろは博多祇園山笠をキャッツ風に。

Img_1501_2 客席内は撮影禁止ですが、舞台の写真の前で写真撮影ができます。写真ではよく分かりませんが、舞台と客席はネコの巣窟のようになっていて、ときどきネコ達が客席までやってきます。

Img_1506 これはなんなんでしょうか。

キャッツを見たのは初めてでした。歌はさすが劇団四季、コーラスになると大迫力でした。ただ、レ・ミゼラブルやオペラ座の怪人のように、見終わってから頭の中をグルグル回る曲が残らなくて、ミュージカル病にかからなかったのは幸でした。
東京に住んでいたころ、キャッツの常設劇場が自転車で行ける距離にあったのですが、近いからいつでも行ける、と思っていたら結局行けなくて、わざわざ福岡で見るのも何か不思議な感じです。

福岡のキャッツの公演、10月4日までです。
キャッツ公式ホームページ

« 門司港のレトロ街を散策す(その3) | トップページ | 赤い橋中秋名月鮮やかに »

旅行・地域」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運河沿い猫の巣窟ミュージカル:

« 門司港のレトロ街を散策す(その3) | トップページ | 赤い橋中秋名月鮮やかに »