フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 夜桜に月が雲間に見え隠れ | トップページ | しなだれて紫の花風なびく »

2015年4月12日 (日)

花びらがひらりと酒に舞い降りた

2015年4月4日(土)

花見第何弾か?、酔っぱらって段々よくわからなくなってきましたが、この日もふらふら出かけました。

Img_2685

場所は今年の2月に梅の花を見に来たところです[ココ]。 桜も名所だったのですね。


Img_2694

小倉城と同じく、ぼんぼりもぶら下がり風情を盛り上げてくれます。


Img_2691

足立山のふもと、ちょっと天気が悪く、花曇り。


Img_2717

さてさて、ベンチに座り花見酒と行きましょう。花びらがひらひらと舞い降り、お猪口に浮かびます。おっ、美女(54歳、すっぴん)の頭にも。


Img_2699

だんだん酔っぱらってきて、焦点も合わなくなってきました。


Img_2750

鮮やかな新緑とのコントラストがお見事です。


Img_2765

こちらは梅林。梅の花はもうすっかり散ってしまってます。


Img_6739

良く見ると、足立山の山肌にも桜が咲いています。


Img_6778

Img_6789

花びらは5割くらい散ってしまっていましたが、木によってはちょうど満開のもあり、ブドウの房のようにピンクの花のかたまりが見られます。

Img_6767

なんか天気が悪くなってきましたが、このあともう一か所行ってしまったのでした。続く・・・

« 夜桜に月が雲間に見え隠れ | トップページ | しなだれて紫の花風なびく »

北九州だより」カテゴリの記事

コメント

もう少しで見逃すところでした。
献血盃 !
くわさんやりますなぁ。

献血盃って何かいな、と調べたら、あのガラスのお猪口のことですね。
本当はもっと回数が多いのですけど、献血カードを何度も紛失してしまって、やっとこれをいただきました。
いつ、どこでもらったものなのか、忘れてしまいましたが、丈夫で長持ちしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花びらがひらりと酒に舞い降りた:

« 夜桜に月が雲間に見え隠れ | トップページ | しなだれて紫の花風なびく »