フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« ボタ山のふもとを流れる遠賀川 | トップページ | 北九州アイアンツリーは三原色 »

2015年9月 6日 (日)

チャイコフスキー演奏料は五割り増し

【9月5日(土)】

この日、北九州でまたまた九州交響楽団の定期演奏会がありました。

Dscf7268

指揮者は小林研一郎、通称「コバケン」です。チャイコフスキーの作品をメインにしたプログラムです。


Dscf7255

場所は西小倉の北九州芸術劇場大ホール。直前までてっきり前回の響ホールと思っていたので、確認して大正解でした。北九州にはもう一つコンサートホールがあるので要注意です。


Dscf7261

自由席なので早めに行っていい席をゲット。1階席の中央でした。


Dscf7264

ホール前のロビーからは小倉城が一望できます。幕末、関門海峡の対岸、長州に焼き払われたのでレプリカです。


一曲目はスメタナのモルダウ。これは劇場の隣に流れる紫川の流れに通じるものがあります。

二曲目はチャイコフスキーのピアノ協奏曲。CDで聴く限りは甘美なメロディーが流れる名曲ですが、当初、演奏不可能といわれた曲で、実際演奏を見るとそれはそれは早く激しい手の動きで、最後は腕がけいれんしているのでは、と思われるほど激しいものでした。演奏直後のピアニストの小林亜矢乃さん、フラフラで立てない状態でした。さすが、演奏不可能といわれただけのことはあります。

最後の交響曲第6番は全体的には重厚で厳粛な曲ですが、第一楽章や第三楽章はバイオリンの弓の動きの非常に激しく、ダイナミックな曲です。

チャイコフスキーの曲はどれもメロディーが美しいのですが、演奏するにはかなりの体力が要りそうです。そういう意味では重労働で、ほかの曲に比べて演奏料は5割り増しぐらいいるのではないでしょうか。今回も3,700円とリーズナブルな演奏会でした。

[九州交響楽団]

« ボタ山のふもとを流れる遠賀川 | トップページ | 北九州アイアンツリーは三原色 »

音楽」カテゴリの記事

北九州だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャイコフスキー演奏料は五割り増し:

« ボタ山のふもとを流れる遠賀川 | トップページ | 北九州アイアンツリーは三原色 »