フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 阿蘇山をフィルムカメラで撮ってみた | トップページ | 航空祭整備士たちも表舞台 »

2015年11月24日 (火)

芦屋基地赤いイルカが飛び跳ねる

【11月22日(日)】

この日は芦屋航空基地で航空祭が開かれるとのこと。芦屋といっても兵庫県の高級住宅地の芦屋ではありません。北九州のお隣にある芦屋です。

実は昨年もこの航空祭を聞きつけて駆け付けたのですが、駐車場が満杯で、駐車場にさえ入れなくてあきらめて帰ったのでした。

今年は去年の混雑に懲りて、JRで遠賀川駅まで行き、そこからシャトルバスで行く計画です。

Img_0001

JRに乗っていると車両にはカーキー色のジャンパー着た見るからに「ミリオタ」(ミリタリーおたく)がちらほら乗っています。

JR遠賀川駅からシャトルバスに乗って芦屋基地へ。バス停は長蛇の列。(後でわかったことだが、これで長蛇と言ってはいけない。帰りはもっともっともっと・・・すごかった)

約20分ほどで芦屋基地に到着。普段は入れない空間に入れてわくわくそわそわ。お土産品とかを物色。自衛隊限定の饅頭?とかお菓子?もあるのですね。舞鶴にもあったのでしょうか。


Img_0002

トイレは完備、位置を確認。時刻は8時過ぎ、もうオープニングフライトが始まっているはずなのですが、やけに静かです。


151122082503img_6737

しばらくすると場内アナウンスがあり、オープニングフライトが始まるとのこと。遠くから飛行機が3機飛んできました。


151122082517img_6748

先頭に救難捜索機U-125A、両サイドに練習機T-4。


151122084054img_6845

08:40、練習機T-4の飛行展示が始まりました。全部で7機のT-4が滑走路に向かいます。


151122084010img_6836

パイロット、手を振っています。


151122085037img_6882

まず2機飛び立ち・・・


151122085040img_6883

151122085105img_6888

続いてまた2機・・・


151122085112img_6893

151122085309img_6921

そして3機が・・・


Img_6932

飛び立っていきました。


Img_6944

しばらくすると先ほど飛び立ったT-4が帰ってきました。


151122085454img_6949_2

奇麗に整列して「あっ」という間に去っていきます。


151122085631img_6969

今度はこっちから3機。


Img_6979

周りの観客は航空無線を聴きながら状況把握。ミリオタは男に限らず女性ミリオタもたくさんいました。


Img_6980

今度ははるか彼方からきれいなV字型を作り・・・


151122090009img_6997

高速で飛ぶジェット機が寸分狂わない隊形を保っています。お見事!


151122090019img_7008

あっという間に彼方へ飛んでいきました。


151122090329img_7019

と思ったら折り返してきて、またこちらに向かってきます。写真ではよくわかりませんが、ライトを同期させて点滅させていました。


151122090354img_7051

これらの練習機は機体が赤いことから「レッドドルフィンズ」と呼ばれているそうです。


151122090857img_7086

展示訓練もそろそろ終盤。一機一機と隊列から離脱していきます。その名の通り、イルカのように飛び跳ねているようです。


151122090754img_7072

たくさんの観客が見守る中着陸態勢。

151122090959img_7095

無事着陸。


151122091505img_7108

7機は待機場所で待ち合わせ、一列になって駐機場に戻ってきました。


151122091636img_7121

等間隔に並んでいる赤いイルカ達。訓練の開始から終わりまで、一糸乱れぬ美しさでした。

続く・・・

[航空自衛隊/芦屋基地]

« 阿蘇山をフィルムカメラで撮ってみた | トップページ | 航空祭整備士たちも表舞台 »

北九州だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芦屋基地赤いイルカが飛び跳ねる:

« 阿蘇山をフィルムカメラで撮ってみた | トップページ | 航空祭整備士たちも表舞台 »