フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月26日 (月)

ソウルに移動

釜山に二泊した後、今朝ソウルに移動。やはり大都会。景福宮を見た後、ナンタを観劇。なかなか面白かった。

2016年9月24日 (土)

韓国に行ってきます

何年か前から行ってみたかった韓国。そのため韓国語講座に通ったりしたけど、何やかんやで実現しませんでした。

九州に来てから、博多から船で行けることを知り、予定を立てようとするも、一昨年は仕事の関係で、昨年はMARS騒ぎで渡韓を諦めました。

そして、ついについに、韓国旅行を今年8月に計画したのですが…これまた諸事情でキャンセル。韓国は遠い遠い国なのか、と諦めかけましたが、9月下旬に再再再度のチャンス。このブログがアップされる頃にはプサン行きの船上でビールを飲んでいる「はず」です。

心配なのはただ一つ、そう、韓国の北の隣国が何かをやらかすのではないかと。無事に帰ってこられるよう祈ります。

2016年9月20日 (火)

流れ星光の丘を飛び越えて

さてハウステンボス探検も終盤を迎えます。

Img_7425

夜になりました。まだ足を踏み入れてないアドベンチャーパークへ。ここで「ゆう」がシューティングスターをやりたいといいます。シューティングスターとは一本のロープにぶら下がって滑り降りるやつで、児童公園なんかにありますが、ここのはそれよりもっと規模も距離も長いものです。さっきお化け屋敷がこわいと言っていたのに本当にやる気なのか。お化け屋敷で死ぬことはありませんが、シューティングスターはやり方を間違えると転落して命にかかわります。

Img_7461

で、そんなこんなでシューティングスターにエントリーし、スタート地点まで移動しましょう。移動途中、こんな光の丘の中を通ります。


Img_7477

この道の先がスタート地点。


Img_7486

いや~、それにしてもきれいです。


Img_7504_2

こちらはタワーがライトアップされています。

シューティングスター、スタートするとグングン加速しこの光の丘を飛び越え・・・

Img_7417

運河を飛び越え到着します。これは爽快。何度でもやりたくなります。(ただしパスポートでは二回目以降は有料)


Img_7453

光の丘をよく見なかったので、もう一度光の丘のトンネルへ。


Img_7457

Img_7466

光の丘の展望台から。


Img_7517

光の丘を降り再び運河へ。運河に走るクルーズ船もイルミネーションで飾られています。


Img_7550

もう少し園内をうろつきましょう。


Img_7555

Img_7571

Img_7594

ここは運河の水中にもイルミネーションが光っていました。虹の運河。ワッタ・ビューチフォー!


Img_7633

Img_7641

Img_7650

Img_7655

Img_7670

Img_7675_2

Img_7694

Img_7673

Img_7678

Img_7739

Img_7756

Img_7778

Img_7784

Img_7786

まだまだ夜景がきれいなところがあるのですが、また次の機会に・・・近いので夜だけの入園券を買ってうろつくのもいいかもわかりません。

[ハウステンボス公式ホームページ]

2016年9月19日 (月)

HTBハーバータウンで水遊び

さて、ハウステンボス探検の続き。

Img_7240

さっき登ったタワーから見えたハーバーエリアへ行ってみましょう。


Img_7242

ハーバーエリアはハウステンボスの園外にあり、一旦出場することになります。(つまりここならタダで来られる)


Img_7249

ここから長崎空港へのシャトル船や大村湾の観光船など、ハウステンボスの異次元空間と比べると現実世界が広がります。


Img_7252

ドラッグストアもある。


Img_7258

これはオフィシャルホテルのウォーターマークホテル。


Img_7256

その前には海上ウォーターパーク(9/11まで)


Img_7265

見ているとなかなか楽しそうでした。知っていれば水着を持ってきたのに。


Img_7281

さて、再びパーク内に戻りましょう。


Img_7293

ちょっとおなかがすいたので名物・佐世保バーガーを食べてみましょう。


Img_7305

最近唐津でも佐世保バーガーを真似て唐津バーガーなるものを売り出していますが、さすが本家佐世保バーガーでした。


Img_7306

この右手の小さなタワーの下が入場ゲートです。


Img_7315

Img_7323

Img_7333

Img_7338

Img_7397

こちらは「スーパートリックアート」。当然ながら他のアトラクションは撮影禁止ですが、ここだけは撮影可。というより写真に撮ってみないとトリックになりません。この写真も本当にワイングラスに閉じ込められているようですが、実際にはこんな風には見えませんでした。不思議。

このようにしてハウステンボスは夜を迎えきらびやかな光に包まれるのでした。まだ続く・・・

2016年9月18日 (日)

こだまするハウステンボス歌劇団

時刻は午前10時。その日のイベントスケジュールを確認すると10:20からハウステンボス歌劇団の公演があるとのことで、MUSE HALL(ミューズホール)へ行ってみましょう。

Img_7100

NHKの探検バクモンでも紹介されていたハウステンボス歌劇団。ここに来た目的はこれを見に来たといっても過言ではありません。が、来てみると意外としょぼい劇場。なんか仮設劇場のような感じで、外の音は聞こえてくるし音響はイマイチでした。
この歌劇団、いくつかチームがあるのですが、まずはこの日の前半のチーム。んん~、発展途上でした。

その後、後半のプログラムも見に行ったのですが、後半のチームフラワー、いや~素晴らしい。歌唱力やダンスに感動です。
この歌劇団には宝塚の出身者がいるようでかなり本格的なものでした。もっとせっせと通って立派なホールが建てられるように応援しましょう。


Img_7172

そしてもう一つ期待していたのはここ、スリラーゾーン。早い話、お化け屋敷のようなものがたくさんあるエリアです。


Img_7170

ここに一番入りたかったのですが、「ゆう」がかたくなに拒否。


Img_7175

仕方なしに他のところに二つほど入ってみました。一つはゲーム感覚でゾンビをやっつけるもの。もう一つは人体実験のようなやつ。人体実験は視界が悪かったのですがそれがかえって恐怖感を生み出していました。


Img_7182

Img_7183

これ、壁画ですが、上の写真の風景を鏡に映したような壁画です。


Img_7375

あと何軒か入って見たかったのですが「ゆう」の反対にあい、アンブレラストリートへ。


Img_7115

色とりどりの傘が華やかです。


Img_7148

ちょっと風車エリアまで足を延ばします。


Img_7162

ぶらぶらしていると、なになに? ビア・フェスト? こんなイベントもあったのですか。残念ながら車で来ているのでパス。ワイン祭りとかいろいろやっているようでしたので、今度は電車で来ましょう。


Img_7163

Img_7192

今度は「アムステルダムシティ」というエリアへ。


Img_7195

本当のアムステルダムもこんな街並みなんでしょうか。


Img_7198

ゴミ箱もアムステルダム。


Img_7203

教会のその先にはタワー。


Img_7215

この右手は「ホテル・アムステルダム」。


Img_7213

日帰りでなく、やはり一泊で来てみたいものです。続く・・・

2016年9月15日 (木)

秋が来たハウステンボス行ってみよう

九州に来てから気にはなっていたテーマパーク「ハウステンボス」。せっかく近くにいるので一度行ってみたいと思っていましたが、ようやく涼しくなってきたので行ってきました。

Img_6948

唐津から車で1時間半程度で到着。駐車場に車を停めチケット売り場へ。


Img_6959

ここはチケットの種類がいろいろありましたが一番オーソドックスであろう1DAYパスポートを購入。大人は6,700円ですが、身障者は5,100円で購入できます。(介助者も)


 


Img_6973

どこに何があるかよくわからないので、とりあえずこのクルーズ船に乗ってみましょう。


Img_6985

いきなり見えてくるのはオフィシャルホテルのホテル・オークラ。


Img_6999

そして次にオランダの風車。ここはオランダをモチーフにしたテーマパークです。


Img_0001

しばらくすると別荘地エリア。ここはただのテーマパークではなく、別荘地ありーのマリーナありーのなテーマパークです。ああ、こんなところに住んでみたい。


Img_7020

船は運河を進み・・・


Img_7031

橋をいくつかくぐり・・・


Img_7046_2

目の前にドドーンとタワーが見えてきました。


Img_7043

船はここタワーシティに到着。お客さんはここで降ろされます。


Img_7052

目の前にはこのようなヨーロッパ風の建物。


Img_7058

タワーの展望台に登ってみましょう。


Img_7070

こちらは入り口方向。


Img_7067

真下には先ほどのヨーロッパ風の建物。なんかミニチュア見たいです。


Img_7063

これらの建物もハウステンボスの別荘地のようですが、これはパーク外の米軍佐世保基地の住宅。ええとこ住んでるなぁ。そしてその先には・・・


Img_7065

先日訪れた針尾の三本の塔。これを見るとちょっと現実に戻ってしまいました。続く・・・

2016年9月 6日 (火)

サザエさん伊万里焼をお買い上げ

最近のサザエさんのオープニングで、焼き物で有名な大川内山が紹介されています。

Img_1486

伊万里焼は全国的に有名ですが、伊万里市全体に窯が点在しているのかと思ったら、この大川内山地区に集中しています。


Img_1363

Img_1463

集落に入る橋が既に伊万里焼という贅沢な橋です。


Img_1439

サザエさんが出ていたのはこのあたり。サザエさんは何を買い求めたのでしょうか。


Img_1411

ゴールデンウィークの陶器祭りの時期はすごい人込みですが、夏の暑い時期はほとんど人がいません。


Img_1419

Img_1422

夏の蒸し暑い熱風を受けて風鈴が涼し気に鳴っていました。


Img_1451

風鈴がえらい多いなと思ったら風鈴祭りが開催されていたのですね。


Img_1457

街道沿いには有田ほどではありませんが、トンバイ塀が立っていました。


せっかく伊万里焼の里に来たのですが、これ以上引っ越しの荷物が増えると困るので結局何も買わず。早く大きなお皿が買える身分になりたいものです。

[伊万里鍋島焼協同組合のホームページ]

2016年9月 4日 (日)

山鹿から阿蘇を通って高千穂峡(阿蘇、高千穂編)

山鹿の古墳群を見た後、阿蘇を経由して前から気になっていた高千穂峡へ足を延ばしてみました。

Img_2252

菊池市を抜けて阿蘇の麓に入ろうとしますが、カーナビでは行けることになっている道は実際には通行止め。かなり遠回りをして阿蘇に入ってきました。まだ地震の爪痕は大きく残っているようでした。


Img_2282

阿蘇の南側を通り高森町へ。高森町から高千穂へ抜ける道の途中にある展望台から阿蘇を望みます。


Img_2343

で、やってきました高千穂渓谷。もっと標高が高く涼しいのかと思っていましたが意外と標高は低く涼しさはあまり感じられません。それに観光化されすぎていて期待したほどではありません。


Img_2465

高千穂渓谷から再び高森町に戻り、月廻公園へ。根子岳がよく見える熊本一の景観を誇る公園です。


Img_2515

根子岳をぐるっと回り今度は北側から望みます。


Img_2532

こちらは阿蘇の中岳。地震の影響で登山道路は通行止め。
この後やまなみハイウェイを通り唐津に帰ってきたのでした。

詳しくは[4Travelブログ]で。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »