フォト
2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

多久聖廟紅葉まつりで公開す

孔子の里紅葉まつりの最終日、この日は多久聖廟が特別公開されていました。

Img_9721

多久聖廟とは儒学の祖で学問の神様と言われる孔子を祀る孔子廟だそうで、江戸時代に多久の人々の教育のために建てられたものだそうです。


Img_9750

この日はいつも閉鎖されている内部が公開されるとのことで、たくさんの人出でした。


Img_9741

内部は撮影禁止。孔子像と天井には龍の絵が我々を睨みつけていました。


Img_9746

色合いなど雰囲気が韓国のお寺に似た建物でした。

2016年11月29日 (火)

孔子里紅葉まつりも遅かった

>またまた天気予報の紅葉情報で放送されていた多久市の西溪(せいけい)公園、11月23日まで紅葉まつりが開催されているとのことで行ってきました。

Img_9526_2

唐津から一時間弱、西溪公園に到着。入ってみると・・・あれれ、もうほとんど散ってしまっています。天気予報では「見頃」となっていたのですが。


Img_9580

それでも山のほうはちょっと残っているようですのでえっちらおっちらと登っていくと、


Img_9604

この辺りはいい色づきです。


Img_9625

このように青い葉も残っている木もあります。気温の変化が激しいのでモミジも迷っているのでしょうか。


Img_9672

こちらは二枚の葉が残るのみ。波平状態です。


Img_9682

Img_9687

シーズン真っ盛りの時だったらよかったのかも知れませんが、時期を逸してしまい、あまり期待したほどではありませんでした。

[多久市観光ガイド]

2016年11月27日 (日)

五千円衝動買いした伊万里焼

テレビの天気予報では伊万里焼きの里、大川内山の紅葉情報も流しています。大川内山、一度行きましたが、モミジなんかあったか? と疑問に思いつつ行ってきました。

Img_9333

大川内山と書いて「おおこうちやま」と読むんですね。てっきり「おおかわうちやま」と思い込んでいました。で、行ってみると、おお、これはなかなかいい感じです。


Img_9335

煙突のレンガの色とモミジの赤が程よくマッチしています。


Img_9359

足元には黄色いモミジ。


Img_9376

伊万里焼でできた橋の向こうもいい感じで色づいています。

Img_9449

前回は行けなかったトンバイ橋。大川内山の奥のほうにあります。


Img_9456

この辺りもいい感じです。


Img_9469

この上に展望台があるとのことで登ってみましょう。


Img_9498

これはなかなか素晴らしい。窯元からニョキニョキ立つ煙突がユーモラスでした。


ここを歩いていると二つで6,000円の伊万里焼の器を発見。ゆうがなんとなくほしそうな顔をしていると千円おまけしますとのこと。で、買ってしまいました。唐津焼を割るという前科がある"ゆう"、割らないように慎重に持ち帰ったのは言うまでもありません。

[サザエさん伊万里焼をお買い上げ]

2016年11月26日 (土)

蕨野の棚田に色づく銀杏かな

見帰りの滝のモミジにがっかりした後、さらなるモミジの名所を求めてうろついてみました。

Img_9271

定点観測地の蕨野の棚田。実りの秋のシーズンを逃してしまいました。


Img_9281

山の中で「キレイ」と感じるモミジ発見。


Img_9296

棚田の高い石垣の前に、この辺りでは珍しい銀杏の木。蕨野ではこの銀杏が一番目立っていました。


Img_9324

あまり色づいた景色は見られなかったので蕨野の五百羅漢にお参り。更に紅葉を求めてさまよったのでした。

2016年11月25日 (金)

見帰りの滝のモミジは枯れていた

唐津に来て初めての紅葉シーズン。どこが名所なのかさっぱりわかりません。そんな時天気予報を見ていると紅葉の名所の色づき情報が目に入りました。唐津の近くでは見帰りの滝の情報も出ていましたのでさっそく行ってみました。

Img_9175

見帰りの滝への道中、山を見ても全く紅葉は見えません。この辺りは紅葉の名所はないのか・・・と心配して滝に到着すると滝の左側のモミジがちょうど見ごろでした。


Img_9186

しかし、他のモミジは紅葉というより枯れています。こうして写真にするときれいですが、実際肉眼で見ると茶色です。


Img_9189

この右手のモミジも実際には茶色。足元には茶色いモミジの葉が落ちていました。


Img_9239

こちらはもう少し下流。この辺りはまずまずでした。


Img_9236

しかし、よく見ると赤いモミジと青いモミジ、そして枯れてしまったモミジが混在しています。今年の暑くなったり寒くなったりの過酷な秋の気候の影響なのでしょうか、それとも異常気象の影響なのでしょうか。


Img_9248

こちらはどうだんつつじに黄色い葉。どうだんつつじの赤は鮮やかでした。

しかしなんやかんやと言っても、やはり紅葉は京都が最高です。

2016年11月23日 (水)

韓国旅行記2016 8日目 (釜山から博多編)

【2016年10月1日(土)】

いよいよ韓国最終日です。この日はカラフルな住宅が立ち並ぶ甘川洞文化村を散策したのち釜山タワーに登り、釜山からフェリーで博多へ戻りました。

20161001093344img_2247

チャガルチ市場からバスに乗ってやってきました、甘川洞文化村。釜山にはソウルのような韓屋村はないようですが、釜山のあちこちにこのようなカラフルな住宅地が見られました。


20161001093537img_2261

ここは「一つになる」というフォトゾーンで、このような人型の板にバックの絵が描かれ、後ろの景色と一体になるというものです。


20161001103226img_2414

ネコちゃんもキムパをくわえながら景色に見とれています。ネコのわりには背筋が「ピン!」


20161001120025img_2680

お昼は冷麺。釜山では小麦粉から作ったミルミョンが有名ですが、ここは珍しく冷麺が食べられました。


20161001125843img_2736

次にやってきたのは釜山タワー。


20161001131246img_2762

チャガルチ市場や釜山港が一望です。


20161001142823img_2993_2

タワーの下では、地元の人が伝統舞踊を披露していました。


20161001183547img_3299

今日は20時のフェリー。釜山港国際旅客ターミナルから見る釜山港大橋はまさに虹の架け橋でした。

公式には20時発ということになっていますが、これはイミグレや税関の業務が19:30で終わってしまうためフェリーのボーディングブリッジが20時に外されるということで、実際には22:30が出港時刻ということでした。(この日はもっと遅く、フェリーが動き出したのは23時を過ぎていた)


20161002060654img_3704

翌10月2日(日)、朝の6時過ぎに霧の博多港に入港。韓国から無事帰ってきたのでした。

詳しくは↓
http://4travel.jp/travelogue/11190082

2016年11月22日 (火)

韓国旅行記2016 7日目 (慶州から釜山編)

【2016年9月30日(金)】
この日は午前中、慶州市内をうろついた後、午後から鉄道で釜山に戻りました。

20160930101537img_1511

予定ではレンタサイクルで市内を回る予定でしたがあいにくの雨。とりあえずタクシーで慶州国立博物館へ。日本の遺跡からの出土するものは土器などが多いですが、慶州は昔から金属精錬、加工技術が発達していたそうで、出土品も金属製品が多いとのこと。ここに展示されていた黄金の冠はきらびやかで圧巻でした。


20160930111111img_1605

博物館から歩いてやってきたのは東洋で一番古い天文台と言われている瞻星台(チョムソンデ)。新聞報道によると、2016年9月、慶州を襲った地震で中心軸が傾いたそうです。(もとから傾いているような気もするが・・・)


20160930114129img_1705

続いてやってきたのは、古墳公園。とにかく慶州というところはこのような古墳があちこちにボコボコとある街です。


20160930140638img_1839

14:08、慶州駅から釜山の釜田行の列車に乗り込みます。


20160930174325img_2084

蒲田から地下鉄に乗り換え夕方釜山到着。釜山の台所チャガルチ市場へ。ここは海産物を調理してくれるのですが、肉食系夫婦の私たちは韓国最終の夜は焼肉と決めていたのでパス。


20160930185534img_4004

ホルモン通りにある焼肉店で味付けカルビを堪能しました。


20160930183249img_3988

今日のお宿はホルモン通りのヘリムモーテル。格安です。モーテルと名がついていますが、アメリカのモーテルのように駐車場などはありません。

詳しくは↓
http://4travel.jp/travelogue/11184893

2016年11月21日 (月)

韓国旅行記2016 6日目 (慶州仏国寺編)

【2016年9月29日(木)】
この日は3日間滞在したソウルを離れ、釜山に近い慶州へ移動、仏国寺を見学し夜はライトアップされた古墳を巡ります。

20160929073921img_0505

3日間滞在したソウルの「ザ・プレイス・ソウル・ハノックゲストハウス」を離れます。


20160929084857img_0516

ソウル駅からKTXに乗って慶州へ。


20160929133247img_0860

新慶州駅からバスで仏国寺へ。世界遺産です。


20160929134906img_0908

信者さんが多数お参りされていたので邪魔にならないように境内をウロウロ。


20160929133544img_0870

国宝の多宝塔。7世紀に造られたそうですが、補修がされているようできれいでした。


20160929135621img_0927

秋の気配を感じながら・・・


20160929142806img_1001

仏国寺を後に。その後近くの石窟庵へ行った後慶州市内に戻ります。


20160929173549img_1168

お宿はこれまた韓屋風の「皇南館」。


20160929220914img_1420

夜は慶州市内のいたるところにある古墳がライトアップされ、幻想的な光景に包まれたのでした。

詳しくは↓
http://4travel.jp/travelogue/11183499

2016年11月20日 (日)

韓国旅行記2016 5日目午後 (昌徳宮編)

北村韓屋村を見た後、一旦宿に戻り午後から昌徳宮へ。たまたま偶然に日本語ガイドツアーが始まるところで、ガイドについてぶらぶらと見学。

20160928122105img_0112

昌徳宮の入り口、敦化門。


20160928124002img_0129

更に進善門をくぐり・・・


20160928124456img_0143

正殿、仁政殿へ。


20160928134857img_0305

つづいて宣政殿。青い瓦屋根の建物は王しか建てられなかったそうです。今、世界を賑わせている韓国の大統領府を「青」瓦台と呼ぶのはその名残。


20160928130429img_0210

韓国のカラフルな建物に見とれたのでした。

詳しくは↓
http://4travel.jp/travelogue/11181592

2016年11月18日 (金)

韓国旅行記2016 5日目午前 (北村韓屋編)

【2016年9月28日(水)午前】

板門店ツアーの興奮がまだ冷めやらぬ翌日、宿近くの北村韓屋村を散策します。

20160928065442img_9700

これは知る人ぞ知る、あの冬のソナタのロケ地だそうで、ソウル中央高校です。残念ながら私は冬ソナは見ていないのでどんなシーンで出てきたのかさっぱりわからず。


20160928103417img_0041

宿から15分程度歩いたでしょうか、北村です。


20160928071106img_9732

ザ・韓国な街並みが続きます。


20160928072731img_9808_hd

ここは日中になったら観光客だらけになりますが、朝7時だとこの通り、地元の人がたまに散歩するくらいでした。


20160928100158img_9988

北村の展望台からは屋根屋根屋根の光景が広がります。

 

その他詳しくは↓
http://4travel.jp/travelogue/11181474

2016年11月12日 (土)

韓国旅行記2016 4日目 (板門店編)

さて、例の韓国のゴタゴタ、アメリカ大統領選挙のおかげですっかり鳴りを潜めてしまったので韓国旅行記を再開しましょう。

【2016年9月27日(火)】

韓国に行こうと決めてからぜひ行ってみたいところがありました。北朝鮮と接している板門店です。

韓国は現在終戦ではなく休戦状態。ここはテレビのニュースなどで何度か見たことがありますが、おそらく世界で唯一のDMZ(非武装地帯)があり、休戦中の北朝鮮と対峙しているところです。そんな恐ろしいところに観光ツアーで行くことができます。事前にインターネットで予約、そして9月27日に行ってきました。

20160927085618img_3650

ツアー会社は板門店トラベルセンター。ホームページを持っていますがホームページからではなぜか予約できず、メールの平文(英語)でやり取りし予約しました。


20160927115214img_9535

ツアーバスは一台ですが、これに日本語と英語ツアーが混乗し、英語ガイド、日本語ガイドが時間差でそれぞれ案内します。
このバスにはツアー客、ガイド、運転手以外にもう一人乗っています。脱北者です。この板門店トラベルセンターのツアーは脱北者から北朝鮮の様子や脱北の状況などを本人から直接聞くことができます。


20160927105024img_9431_2

ツアーは9:30に出発。一時間ほどで北朝鮮が見える烏頭山(オドサン)展望台に到着しますが、雨で視界が悪くあまりよく見えませんでした。なんとなくぽやーと写っているのはハリボテの高級マンション。人が住んでいる気配がないとのことです。


20160927114938img_9525_2

次にやってきたのはイムジン川にかかる自由の橋。この右にもともと鉄橋があったのですが、北朝鮮に爆破され、現在は左に新しい鉄道橋がかかっています。対岸はまだ韓国ですが一般人は自由に出入りできません。


20160927115008img_9531_2

DMZ外でも川沿いには有刺鉄線と監視塔が随所に見られました。


20160927144538img_9581

バスはいくつかの検問所を抜け、パスポートチェックを受けたのち・・・やってきました板門店。それにしてもなんなんだ、このピーンと張り詰めた緊張感。静かです。音が全くしません。鳥の鳴き声さえ聞こえません。微動だにしない警備兵。


20160927144528img_9579

これは北朝鮮側。よく見ると人民軍兵士が一人立っています。監視カメラも三台。


20160927143816img_9565

次に青い本会議場に入ります。この国連旗が南北の境界線を示しており、左側が韓国、右が北朝鮮になります。この建物内では写真は自由に撮影できます。


20160927143753img_9564

こちらは北朝鮮側に入ったことになります。ちなみに警備している兵士は国連軍兵士。実際は韓国軍の兵士です。


Img0050

で私たちも記念撮影。中にはピースサインで写真を撮っている外国人がいましたがとてもそんな気にはなりませんでした。


20160927144802img_9594

ここにいたのは20分くらいだったでしょうか。人生最大の経験をさせてもらいました。

その他詳しくは↓
http://4travel.jp/travelogue/11179061

2016年11月 9日 (水)

フルマラソンワースト記録を更新す

昨年も出場した下関海響マラソンに今年も参加してきました。

Img_4585

去年は意外と調子が良く予想を上回るタイムでしたが、今年は予想通りの自己最低記録の5時間台でなんとかゴール。30キロから35キロ間を歩いてしまったのが痛手でした。やはり練習不足で、練習量がそのまま記録に現れたようです。それでもこの年になってもマラソンを完走できる体があることに感謝です。走っているときはもう二度と走るまいと思いますが、さて次はどうしましょうかね。

2016年11月 8日 (火)

博多駅道が落ちて大騒ぎ

今朝、ニュースを見ていたら道路に穴が開いて電柱がそのまま「ズホッ」と落ちていく衝撃的な映像が目に入ってきました。全国ニュースでも流れていましたが、なんでも博多駅前の道路だそうで、何度か歩いた博多駅からキャナルシティへ通じる「あの」道です。しかも偶然、昨日の夕方、その道の写真を撮っていました。

20161107175150img_4556

JR博多駅ビルの屋上。昨日は快晴できれいな夕焼けでした。
このカップルの右側・・・


20161107174807img_4542

博多駅の正面、この先はキャナルシティです。この写真の真ん中の道路の・・・


20161107174831img_4544

ここが陥没現場のようです。この写真を撮った約12時間後に陥没。写真でもわかりますが結構人通りの多いところで、こんな場所で道路が陥没して死傷者ゼロというのは奇跡的だったのかもわかりません。

2016年11月 5日 (土)

笛太鼓エンヤエンヤと山を曳く

御旅所に向かう曳山、市内の路地にも入ってきます。

20161103114920img_8733

道幅が狭いので迫力満点。


20161103115144img_8745

11番山の「酒呑童子と源頼光の兜」、目が血走っている。


20161103115505img_8766_2

最後の鯱がにらみを利かせてやってきました。


20161103115703img_8790

にらみを利かせていた鯱が路地を曲がっていきます。


20161103120228img_8798

山は大通りに出ました。


20161103120340img_8820

曳き手の人数も増えたのか? こうしてみると子供たちが多いですね。


20161103120435img_8846

20161103121827img_8873

御旅所に入る前に順番待ち。


20161103122440img_8923

曳山がこうして順序良くみられるのはここだけかもわかりません。


20161103122246img_8905

鯛山が出発。


20161103122511img_8929

20161103122649img_8942

次の鳳凰丸が順番待ち。


20161103123006img_8955

鳳凰丸が出発。きらびやかできれいな山です。


20161103131935img_9092

で、御旅所で何をやっていたのかというと、元小学校のグランドにこのように山を曳きこんでいたのですね。下が砂地なのですごく重そう。


20161103134809img_9136

朝、唐津神社前で整列していた曳山は、ここで再び集結したのです。


20161103132303img_9101

ピーヒャラというお囃子の音と、「エンヤ、エンヤ」の掛け声がいつまでも耳に残るお祭りでした。

それにしても14番曳山の七宝丸、子供たちもお囃子の練習を重ね、当日も縄を曳こうと楽しみにしていただろうに、車輪の故障とはがっかりだったでしょうね。大人たちはやけ酒か? 来年に期待しましょう。

(追記:新聞によると11月4日の巡行はこの七宝山も復帰して14基が揃ったとのことです。)

唐津市民はこの唐津くんちに命を燃やしているようで、11月4日は平日でしたが市内の企業や市中心部からちょっと外れた食堂、ガソリンスタンドは休業しているところも多かったようです。

いつもはガラガラの電車もくんちの期間は満員。今日からまた一年間、ガラガラが続くのかと思うと何か寂しくなってしまいます。

2016年11月 4日 (金)

御旅所を目指してくんち山を曳く

さて唐津くんち本番の11月3日、快晴の朝を迎えました。

20161103083838img_3897

唐津くんちとは唐津神社の秋の例大祭のこと。毎年11月3日は晴れの特異日とかで晴れる確率が高いそうで、文字通り、特異日の空で、曳山が朝日にあたり金ピカに光っています。


20161103084034img_8578

この日は9時30分から「御旅所神幸」という行事で曳山が市内を練り歩きます。


20161103094811img_8622

一番山が通り過ぎ、2番山の「青獅子」と3番山の「亀と浦島太郎」がニアミス。


20161103100303img_8640

その後、神輿などが続き、5番山の鯛。


20161103100351img_3964

やはり愛くるしい顔をしていて、子供たちの人気も高かったようです。この鯛、巡行の時はこのように泳ぐようにうねりながら進みます。


20161103100745img_8652

これは8番山の「金獅子」。朝日が当たり金色に拍車がかかります。


20161103100921img_8669

これは「武田信玄の兜」。新聞によると武田信玄の末裔の方がこの祭りを見に来られ、遠い唐津で武田信玄をこのように祭っているのを見て感激されたとか。


20161103101535img_3996

しばらく途切れたかと思ったら・・・

20161103101622img_4013

12番曳山の「珠取獅子」。やっぱり男の祭りだわ。


20161103101709img_4024

巡行は終盤。13番曳山の「鯱」。
この後、14番の「七宝丸」が来るはずなのですが・・・なんと車輪の故障で欠場だそうです。これはこれで珍しいアクシデントで、山は市内を練り歩き、西の浜御旅所に向かうのでした。

2016年11月 3日 (木)

秋の夜に唐津くんちが始まった

韓国旅行記は韓国国内がちょっとバタバタしているのでしばらくお休み。その代り・・・
11月2日、唐津に来てからずっと楽しみにしていた唐津くんちが始まりました。

20161102193628img_8289

この日は宵山。19:30から曳山が市内を巡行します。


20161102201759img_8364

曳山は全部で14基あり、順序が決まっています。これは2番曳山の「青獅子」。1824年に造られたとのことですが、定期的に補修されているのできれいです。


20161102202249img_8408

唐津くんちと言えば・・・


20161102202453img_8448

やはりこの鯛山でしょう。愛嬌のある愛くるしい顔をしています。なんとこれ、巡行の時泳ぐように体をうねらせ、胸ヒレがヒラヒラと動きます。


20161102202817img_8482

6番曳山の鳳凰丸。金ピカです。


20161102204346img_8539

お囃子は子供たち。


20161102204453img_8542

20161102191741img_8244

20161102191859img_8274

このようにして唐津くんちは始まったのでした。

2016年11月 1日 (火)

韓国旅行記2016 3日目 (釜山からソウル移動編)

2016年9月26日(月)
韓国旅行3日目、今日は釜山からKTXに乗ってソウルに移動します。

20160926070446img_8882

釜山駅。大陸鉄道の始発駅。ヨーロッパまでの直行列車が走るのはいつの日でしょうか。


20160926070328img_8878

韓国版新幹線KTX。フランスのTGVから技術支援を受けたらしいです。


20160926101318img_3521

2時間半で韓国の首都、ソウル着。


20160926111526img_8958

本日の宿、「ザ・プレイス・ソウル・ハノック・ゲストハウス」にチェックインというかなんというか・・・とりあえず荷物を置きます。


20160926121112img_9043

まずソウルの名所「景福宮」へ。


20160926123339img_9090

青春がそよ風に乗って追い抜いていきました。


20160926123828img_9107

20160926131251img_9189

20160926161538img_9318

夜はナンタ観劇。


20160926184752img_3589

晩御飯はサムゲタン。やはり本場はうまいです。


20160928031821img_9639

夜は貸し切りの韓屋で静かな夜で熟睡しました。

詳しくは↓
http://4travel.jp/travelogue/11178054

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »