フォト
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 御旅所を目指してくんち山を曳く | トップページ | 博多駅道が落ちて大騒ぎ »

2016年11月 5日 (土)

笛太鼓エンヤエンヤと山を曳く

御旅所に向かう曳山、市内の路地にも入ってきます。

20161103114920img_8733

道幅が狭いので迫力満点。


20161103115144img_8745

11番山の「酒呑童子と源頼光の兜」、目が血走っている。


20161103115505img_8766_2

最後の鯱がにらみを利かせてやってきました。


20161103115703img_8790

にらみを利かせていた鯱が路地を曲がっていきます。


20161103120228img_8798

山は大通りに出ました。


20161103120340img_8820

曳き手の人数も増えたのか? こうしてみると子供たちが多いですね。


20161103120435img_8846

20161103121827img_8873

御旅所に入る前に順番待ち。


20161103122440img_8923

曳山がこうして順序良くみられるのはここだけかもわかりません。


20161103122246img_8905

鯛山が出発。


20161103122511img_8929

20161103122649img_8942

次の鳳凰丸が順番待ち。


20161103123006img_8955

鳳凰丸が出発。きらびやかできれいな山です。


20161103131935img_9092

で、御旅所で何をやっていたのかというと、元小学校のグランドにこのように山を曳きこんでいたのですね。下が砂地なのですごく重そう。


20161103134809img_9136

朝、唐津神社前で整列していた曳山は、ここで再び集結したのです。


20161103132303img_9101

ピーヒャラというお囃子の音と、「エンヤ、エンヤ」の掛け声がいつまでも耳に残るお祭りでした。

それにしても14番曳山の七宝丸、子供たちもお囃子の練習を重ね、当日も縄を曳こうと楽しみにしていただろうに、車輪の故障とはがっかりだったでしょうね。大人たちはやけ酒か? 来年に期待しましょう。

(追記:新聞によると11月4日の巡行はこの七宝山も復帰して14基が揃ったとのことです。)

唐津市民はこの唐津くんちに命を燃やしているようで、11月4日は平日でしたが市内の企業や市中心部からちょっと外れた食堂、ガソリンスタンドは休業しているところも多かったようです。

いつもはガラガラの電車もくんちの期間は満員。今日からまた一年間、ガラガラが続くのかと思うと何か寂しくなってしまいます。

« 御旅所を目指してくんち山を曳く | トップページ | 博多駅道が落ちて大騒ぎ »

佐賀だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笛太鼓エンヤエンヤと山を曳く:

« 御旅所を目指してくんち山を曳く | トップページ | 博多駅道が落ちて大騒ぎ »