フォト
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 神集島路地はネコの通り道 | トップページ | 馬渡島韓国にまで届くのか »

2016年12月20日 (火)

馬渡島馬はいないがネコがいた

またまた離島ネタ、今回は唐津セブンアイランドで一番大きな馬渡島です。

Img_5505

馬渡島と書いて「まだらじま」と読みます。この島へはイカがおいしい呼子か軍師官兵衛で有名な名護屋城があった名護屋から船に乗っていきます。名護屋の方が車が停めやすいので名護屋へ行きますが、ターミナルや待合所はなくどこが船着き場かわかりません。迷った挙句ようやくこののぼりを発見。船を待ちます。


Img_5522

馬渡行きの船がやってきました。「ゆうしょう」。呼子から名護屋を経由し馬渡島へ向かいます。


Img_6114

船室はこんな感じ。ゆったりしています。


Img_5539

出港するとすぐに呼子大橋が見えてきます。船はこの橋をくぐらず左方向へ。


Img_5580

しばらくすると波戸岬の海中展望塔が見えてきます。


Img_5655

波戸岬を過ぎるとその先に馬渡島が見えてきます。


Img_5696

約30分で馬渡島到着。生活物資などを運ぶ重要な足です。

Img_5701

これは待合所。トイレもあります。


Img_5706

これが「ゆうしょう」の全景。


Img_5708

港の入り口。どこの離島も必ず、どんなに寒くても釣り人がいます。ここも例外ではありません。


Img_5712

島の案内図。ちょっとかすれている。


Img_5717

Img_5714

この島にはここもう一か所売店がありました。


Img_5725

Img_5727

結構立派な郵便局。


Img_5737

あっ、第一島ネコ発見。この島にはあまりネコはいませんでした。


Img_5740

イカ釣り船。

この後、ぐるっと港を回り山の上に登ります。続く・・・

« 神集島路地はネコの通り道 | トップページ | 馬渡島韓国にまで届くのか »

佐賀だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬渡島馬はいないがネコがいた:

« 神集島路地はネコの通り道 | トップページ | 馬渡島韓国にまで届くのか »