フォト
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 馬渡島馬はいないがネコがいた | トップページ | 馬渡島静かな聖なるクリスマス »

2016年12月23日 (金)

馬渡島韓国にまで届くのか

さて馬渡島の続きです。

Img_5751

港と馬渡島集落全景。平地はなく坂に民家が建ち並びます。


Img_5750

こちらは港の外。波戸岬と左にはセブンアイランドの松島と加唐島が見えています。


Img_5762

波戸岬拡大。


Img_5766

これから向かうのはここ、馬渡島最高峰の番所の辻、標高237.9m。先ほどの案内板の地図では案内板から70分かかると書かれています。ちょっと気合を入れて行きましょう。


Img_5770

坂道をエッチラオッチラ・・・


Img_5792

ツバキなどを見ながら・・・


Img_5799

遠くに長崎県の壱岐島が見えてきました。


Img_5803

番所の辻の展望台がようやく見えてきました。


Img_5843

確かに一時間以上かかって到着。


Img_5807

展望台から見える景色は・・・


Img_5824

セブンアイランドの加唐島、松島・・・


Img_5819

馬渡島の隣の島、松島拡大。この日は視界がよく彼方に福岡県の糸島がよく見えています。


Img_5828

西に目を向けるとこちらは長崎県の平戸方面。


Img_5857

こちらは南方向だったか・・・


Img_5834

北側には壱岐島が大きく見えます。


Img_5815

更にその先には対馬が見えていました。もうちょっと頑張れば韓国が見えるかも・・・

そろそろ山を下り、次の場所に移動しましょう。続く・・・

« 馬渡島馬はいないがネコがいた | トップページ | 馬渡島静かな聖なるクリスマス »

佐賀だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬渡島韓国にまで届くのか:

« 馬渡島馬はいないがネコがいた | トップページ | 馬渡島静かな聖なるクリスマス »