フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 冬ソナの感想文を書いてみる | トップページ | あけましておめでとうございます »

2016年12月30日 (金)

石垣も野望も崩れ名護屋城

以前呼子旅行の時立ち寄った名護屋城。前回は駆け足だったのですが、唐津に引っ越して時間も十分あるので、名護屋城を隅から隅まで歩いてきました。

Img_5279

ここ名護屋城は豊臣秀吉が朝鮮出兵のため造った城で、設計者はあの軍師官兵衛だそうです。


Img_5128

本丸大手門跡を上ると


Img_5022

見晴らしのいい本丸跡に着きます。


Img_5052

天主台からは二ノ丸跡、その先には先日訪れた馬渡島。


Img_5054

更にその先には壱岐島が見えます。前回来たときは春霞で壱岐ははっきりとは見えませんでした。


Img_5060

Img_5136

本丸を下りると・・・この名護屋城は急場しのぎで造ったためか、石垣があちこちで崩れています。ま、400年も経っているので崩れても仕方ありませんが。


Img_5143

そしてここにはこんなに大きな石が積み上げられています。どうやってこんなに大きな石を積んだのでしょうか?


Img_5194

二ノ丸から天主台を見上げます。みなさん天主台までは行かれますが、二ノ丸まで下りる方は少ないようです。


Img_5214

天主台からはわかりませんでしたが、天主台の足元も崩れています。


Img_5262

この名護屋城は城の建物の跡は全く残っていません。受付で当時の建物を見られるタブレット端末を貸し出していました。それを使っている方からちょっと見せてもらったのですが、なかなかリアルに再現しているようでした。次回はぜひ。

« 冬ソナの感想文を書いてみる | トップページ | あけましておめでとうございます »

佐賀だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石垣も野望も崩れ名護屋城:

« 冬ソナの感想文を書いてみる | トップページ | あけましておめでとうございます »