フォト
2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 沖ノ島指輪の主は誰なのか | トップページ | 丘全部梅が覆う牛尾梅林 »

2017年2月26日 (日)

大宰府の梅がほころびサクラサク

2月中旬の大宰府天満宮の梅の開花状況。

Img_2354

西鉄の特別車両「旅人(たびと)」で大宰府に到着。


Img_2373

大宰府名物、梅が枝餅は相変わらずうまい。梅が枝餅は各地の祭りで露天商が売っていますが、やはりここ大宰府のものは味・歯ごたえが違います。やはり、梅が枝餅は大宰府に限る。


Img_2377

参道を大宰府天満宮の鳥居を目指す。


Img_2381

Img_2391

鳥居横の梅園の開花はイマイチ。


Img_2400

Img_2402

太鼓橋を渡ったところもイマイチ。


Img_2414

Img_2423

九州国立博物館付近の梅は、木によっては満開。


Img_2467

Img_2495

Img_2513

本殿にやってきました。向かって右側の・・・


Img_2535

京都から飛んできたといわれる飛梅はいい感じです。


Img_2567

Img_2569

Img_2577

Img_2579

Img_2576

Img_2604

桜と違い梅は一斉に「ばっ」と開いて「ぱっ」と散らなく、開花時期が長いので落ち着いて見られます。

時節柄、たくさんの合格祈願の参拝客が来られていましたが、桜は咲くのでしょうか。ちょっと気になります。

« 沖ノ島指輪の主は誰なのか | トップページ | 丘全部梅が覆う牛尾梅林 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大宰府の梅がほころびサクラサク:

« 沖ノ島指輪の主は誰なのか | トップページ | 丘全部梅が覆う牛尾梅林 »