フォト
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 呼子から船に乗って小川島 | トップページ | 往年の鯨求めて小川島(その2) »

2017年6月29日 (木)

往年の鯨求めて小川島

小川島はかつては鯨漁で栄えていた島で、島には鯨漁の痕跡が残されています。それらを求めて島をウロウロしてみました。

28112215img_9395

定期船の船着き場がある港の隣の港、漁港のようです。


28112113img_9390

かつては鯨漁で栄えていたのでしょうけど、今はイカで栄えているようです。イカはたぶん呼子に水揚げされているのでしょう。


28112328img_9399_2

ここには民宿があります。食堂と書かれていますが、この日は営業している様子はありませんでした。


28112336img_9400

この先が小川島の集落になっているので行ってみましょう。


28112505img_9405

離島ではこういう手押し車がよく似合います。


28112547img_9406

こちらは駐在所。


28112658img_9409

港に面した東屋では島の人たちがネットで競馬の投票中。私たちもこの東屋におじゃまして、買ってきた弁当を食べましょう。


28112808img_9411

東屋からみた民宿。


28113857img_9416

東屋の前には田島神社があります。


28114051img_9426

田島神社は呼子の加部島にもあり、ここは加部島の分霊が祀られているらしく、航海安全の神様だそうです。


28114230img_9435

ナルホド。神さんから海が一望だわ。


28114338img_9439

神社の横は保育園。この日は日曜日で子供たちの姿は見えません。


28114751img_9457

28114937img_9460

28114705img_9453

28115113img_9467

さて第一の捕鯨の痕跡、納屋場跡。捕獲された鯨の解体が行われていた場所で、骨納屋、筋納屋などの各納屋や、藩の役人が捕鯨を視察・監視するための御覧所があった場所です。(案内板から引用)

28115130img_9468

ここから島の集落内をうろつきましょう。続く・・・

« 呼子から船に乗って小川島 | トップページ | 往年の鯨求めて小川島(その2) »

佐賀だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 往年の鯨求めて小川島:

« 呼子から船に乗って小川島 | トップページ | 往年の鯨求めて小川島(その2) »