フォト
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 年一度歴史民俗資料館 | トップページ | くんち去りブルーライトはひっそりと »

2017年11月30日 (木)

年一度歴史民俗資料館(その2)

唐津歴史民俗資料館、特別公開の続きです。

Img_1881

二階へ上がりましょう。


Img_1875

階段の手すりの彫刻。なかなか手が込んでいます。


Img_1858

二階には古~い唐津の写真が展示されています。唐津周辺には石炭運搬のための線路が引かれていて、内陸の山本駅が拠点になっていたようです。福岡からの線路の終点は東唐津駅、しかもその駅は今の場所ではなく、虹ノ松原の西の端の、今のロイヤルホテル付近だったそうです。
どおりで山本駅の敷地が広く、ポイントが駅の規模にしては多いはずです。ロイヤルホテル付近も昔の商店街の面影が残っていたりで、当時は繁栄していたのでしょう。


Img_1855

この奥の部屋は会計の人たちがいたそうで、この窓口で従業員に給料が支払われていたそうです。


Img_1853

ここが会計の間。一部天井が破損していました。


Img_1851

会計の間の窓からは唐津港がよく見えます。ここから石炭の積み出しを確認していたのでしょう。


Img_1836

Img_1830

太陽の光が差し込み、暖房なしでも暖かい。


Img_1898

外回りを回ってみましょう。


Img_1903

明治の人たちはこの洋風建築をどのような思いで見ていたのでしょうか。


Img_1906

当時の人たちがヨーロッパへ行って建築技術を取り入れたのでしょう。


Img_1913

Img_1923

トイレから渡り廊下もそのまま残されていました。イギリスのように石造りだったら100年以上も現役の建物でいられるのですが、木造建築はやはり保存が難しいようです。

« 年一度歴史民俗資料館 | トップページ | くんち去りブルーライトはひっそりと »

佐賀だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年一度歴史民俗資料館(その2):

« 年一度歴史民俗資料館 | トップページ | くんち去りブルーライトはひっそりと »