フォト
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 玄界灘肥前向島行ってみた(その3) | トップページ | 玄界灘肥前向島行ってみた(最終回) »

2018年1月31日 (水)

玄界灘肥前向島行ってみた(その4)

向島の集落を歩いてみましょう。

Dscf0336

このような路地、離島の典型的な道です。


Dscf0337

道の角にはお地蔵さん。


Dscf0338

廃墟らしき建物もいくつかあります。


Dscf0339

まるで迷路のような路地。


Dscf0347

消防団の法被がなぜか脱ぎ捨ててあります。乾かしていたものが落ちただけか?


Dscf0348

路地を抜けると・・・


Dscf0350

急に開けたところに出てきます。学校のようです。


Dscf0354

この先にあるのは八坂神社。


Dscf0352

Dscf0374

八坂神社の鳥居をくぐるとすぐ左にあるのが・・・


Dscf0357

松尾春子先生を慕う碑。松尾春子さんとはこの島の小学校の先生で、戦後、台湾から引き揚げこの学校に赴任し、最後までこの学校の教育に献身的に携わったとのこと。


Dscf0372

八坂神社にお参りしましょう。


Dscf0361

八坂神社の本殿。この島唯一の神社のようです。


Dscf0367

島の方が落ち葉掃除をされていました。


Dscf0368

Dscf0373

神社の階段から海が見下ろせます。この日は日曜日でしたが、そういえば子供の姿や声が全くしません。


Dscf0376

右が松尾春子先生が最後まで勤められていた小学校。もしかして中学校もあるのでしょうか。


Dscf0377

もうすぐ船の時刻です。


Dscf0382

ここが島唯一の商店のようでしたが、商品がほとんど並んでいません。みなさん買い物はどうしているのでしょう。


Dscf0388

なんとこの島には民宿がありました。営業している雰囲気です。


Dscf0390

港に戻ってきました。この建物が待合室。


Dscf0391

待合室前から灯台を見上げます。そろそろ船の出港時間です。続く・・・

« 玄界灘肥前向島行ってみた(その3) | トップページ | 玄界灘肥前向島行ってみた(最終回) »

佐賀だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玄界灘肥前向島行ってみた(その4):

« 玄界灘肥前向島行ってみた(その3) | トップページ | 玄界灘肥前向島行ってみた(最終回) »