フォト
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 田原藩面影残す道歩く | トップページ | 田原市の寺が連なる寺下通り »

2018年7月31日 (火)

寺下道崋山が眠る城宝寺

寺下通りの続きです。三河田原駅から寺下通りに入って先ず目につくのが「城宝寺」

Img_4120

三本の幹が見える木は田原市の古木に選定されている「ホルトの木」


Img_4082

この様な古木、他にもたくさん選定されているようです。


Img_4086

そしてこのホルトの木の下には、石仏がズラリと並んで、山門まで案内してくれます。


Img_4089

これらの石仏、すべて夫婦石仏なのか、仲良く並んでいます。


Img_4109

こちらが山門。これをくぐると…


Img_4096

「穴倉」と呼ばれる古墳があります。石室は入れませんが、広さは渥美半島最大級だそうです。


Img_4102

こちらが本堂。この奥に田原藩家老で画家の渡辺崋山の墓があるそうです。


Img_4103

そしてこの本堂奥の崋山霊牌堂の天井画が必見なんだそうです。この時はそれを知らなくて、残念ながら見ることはできませんでした。近くなのでまた見にいきましょう。


Img_4104

Img_4080

これらの写真、よく見るとツツジが写っていますが6月に撮影したものです。この時はまだ気候もよく歩きやすかったのですが、田原も例外なく殺人的な今年の夏の猛暑。もう少し涼しくなってからリベンジしましょう。

« 田原藩面影残す道歩く | トップページ | 田原市の寺が連なる寺下通り »

愛知だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寺下道崋山が眠る城宝寺:

« 田原藩面影残す道歩く | トップページ | 田原市の寺が連なる寺下通り »