フォト
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 灯台の足元見ればハマヒルガオ | トップページ | アガパンサス梅雨の晴れ間に蝶が舞う »

2018年7月 4日 (水)

恋の浜先に浮かぶは日出の石門

伊良湖岬には恋路ヶ浜という、なんともラブラブな砂浜が続いています。

Dscf1918

ここがその恋路ヶ浜。なんともきれいな砂浜が広がっています。岬の上に立つのは伊良湖ビューホテル。


Img_4297

そんな砂浜を見ながら語り合うラブラブカップル。(「アベック」と言ってはいけない。歳がバレてしまう)

Dscf3540

この季節、浜木綿が咲きます。


Img_4878

その先には日出の石門と呼ばれる岩礁が伸びています。


Img_4485

この石門からは、その季節になるとここから日の出が見られるそうです。


Img_4387

残念ながら夏場はこの遥か左から日が登ってきて、穴からの日の出は見られません。また、出直しましょう。


Img_4500

振り返るとこちらは神島。三島由紀夫の小説「潮騒」有名なところです。読んだことはありませんが。ここはもうお隣の三重県になります。


Dscf3600

さて、伊良湖岬を後にしましょう。

« 灯台の足元見ればハマヒルガオ | トップページ | アガパンサス梅雨の晴れ間に蝶が舞う »

愛知だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恋の浜先に浮かぶは日出の石門:

« 灯台の足元見ればハマヒルガオ | トップページ | アガパンサス梅雨の晴れ間に蝶が舞う »