フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月31日 (水)

ミュージカル・ノートルダムの鐘

このブログでは記事にしませんでしたが、先月の9月、フランスへ旅行に行ってました。

そんなフランス旅行の余韻が残る中、名古屋でミュージカル「ノートルダムの鐘」が上演されているとのことで、いそいそと出かけてきました。

[ノートルダムの鐘公式ページ]

Img_8008_2

こちらがノートルダムの鐘のチラシ。劇団四季の公演です。


Img_7878

で10月のとある日、やってきました名古屋四季劇場。JR名古屋駅から徒歩10分程度です。


Img_7884

入場は開演30分前。


Img_7887

今回はパンフレットは買わず。


Img_7893

お土産品店も物色しますが何も買わず。


26131612_dscf1560

何故かクマちゃんが鎮座しています。


26131309_dscf1557_2

本日のキャストです。実力主義の劇団四季、ちゃらちゃらした名前だけの人はいません。


で、肝心のミュージカルですが、ノートルダム大聖堂のステンドグラス「バラ窓」、そして周囲に立つ石像が最初から最後まで舞台にあり、物語が進行しても背景が変わらない斬新な舞台設定でした。

そして、知らなかったのですが「ノートルダムの鐘」ってディズニーのミュージカルで、聞き覚えがある曲が何曲かありました。

流石実力主義の劇団四季、第一幕前半で流れるエスメラルダのアリア「ゴッド・ヘルプ」が秀逸でした。まだ物語が始まったばかりなのに、後ろのおばちゃん、すすり泣きしてしまってます。コンサートなんかで咳やくしゃみはとても気になりますが、すすり泣きは演奏と一体感がある感じがして、不思議と気になりません。人を泣かすくらいの、それくらい素晴らしい歌声でした。

ただ、惜しかったのは演奏がナマではなく録音、そして空調の音がやや気になったところです。ロンドンのミュージカルはもちろん生演奏で、劇場が重厚な石造りのためか空調の音などは全くしませんでした。

ノートルダムの鐘は本を読んだこともなく、映画を見たこともなく、予備知識も何もありませんでした。物語は混迷を深めますが、ディズニー映画によくある美女と野獣のように最後はハッピーエンドになるのかと思っていたら、ヴィクトル・ユゴーさん、許してくれません。どうしょうもないくらい悲しく、切なく、やるせない話です。

ラストでも後ろのおばちゃんのすすり泣き。その後のカーテンコールではスタンディングオベーションでした。もう一度聴きに行きたいミュージカルです。

10070809_l_img_7378

パリでは当然ノートルダム大聖堂へは行きましたが、残念ながらカジモドが暮らしていた塔の上には行けませんでした。カジモドが見ていた景色はどんなんだったのか、塔上にいるガーゴイルたちはどんな顔をしているのか、もう一度パリに行きたくなってきました。

[フランス旅行記2018(ノートルダム大聖堂編)]

2018年10月 4日 (木)

何処で間違えた?

その方も、子供の頃ラジオを分解したそうだ。

04084150_l_dscf1140

私は子供のころから、そしてこの歳になってもラジオを分解しているが、未だにその栄誉に与かったことはない。どこで道を間違えたのだろうか・・・

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »