フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 菜の花の香りが勝る北の風 | トップページ | 伊良湖岬冬の夕焼け鮮やかに »

2019年2月 3日 (日)

地球照

冬は空気が澄んでくるので、月の暗部が地球の光に照らされる「地球照」が綺麗に見えます。

Dscf5984

これは一か月前の1月上旬の早朝。朝焼けの空に月齢27くらいの月が昇ってきます。


Dscf5987

右上が木星。写真には写っていませんが金星が明るく輝いています。木星の右には夏の星座・さそり座のアンタレスが既に昇り、もう夏の星空です。


Dscf6009

そして月齢27くらいの三日月状の月の夜部分に地球の光があたり、月の模様が何となくわかります。実際どれくらいの明るさなのか、本や新聞が読めるくらいの明るさなのか、行って見てみたいですね。

« 菜の花の香りが勝る北の風 | トップページ | 伊良湖岬冬の夕焼け鮮やかに »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球照:

« 菜の花の香りが勝る北の風 | トップページ | 伊良湖岬冬の夕焼け鮮やかに »