フォト
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« コスモス満開 | トップページ | 北九州の旦過市場 »

2020年12月 3日 (木)

ゲージツの秋はホキ美術館

千葉に越してきてからぜひ行ってみたいところの一つに「ホキ美術館」がありました。この美術館の作品、何年か前に佐賀市の美術館に出張展示されていて、たまたま訪れた際、一目見てそのあまりのリアルさに感動を覚えてしまったものです。

[ホキ美術館名品展 佐賀県立美術館]

去年(2019年)、ゲージツの秋が本格的になってきた11月、せっかく千葉に住んでいるのですから、さあ行ってみようと思っていた矢先、なんと10月の豪雨で被害を受けて休館してしまいました。それから数か月後再開したとの報を受け、11月初旬、念願を果たしてきました。

Img_0006_20201210213101

場所は千葉市の外れにあります。ホキ美術館、変わった名前だと思っていましたが「保木」という方が個人的にされている美術館なんだそうです。


Img_0001

個人の美術館と言っても独創的な建築で、細長い回廊に作品が展示されている鑑賞しやすい造りになっています。広さもパリのルーブル美術館のようにバカでかい広さではなく、2時間ぐらいで一回りできるくらいの適度な広さです。


Img_0002_20201210213301

入り口がどこだかわからない造りでしたがなんとか発見。中に入りましょう。


 

Img_20201203_0009_new

作品は全て写実絵画。(一部、陶器などもあり) これは写真か?と見間違えるような精巧さで、皮膚の質感や毛細血管の表現など写真でも写しこめないくらいの精彩さです。

 

Img_20201203_0007_new

Img_0008

Img_0007

この時は森本草介さんという方の作品がメインとして展示されていましたが、11月下旬から展示が変わるとのことで、また訪れてみたいものです。

« コスモス満開 | トップページ | 北九州の旦過市場 »

千葉だより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コスモス満開 | トップページ | 北九州の旦過市場 »