フォト
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 春の足音蝋梅咲いた | トップページ | 何処で間違えた? その後 完成編 »

2021年1月26日 (火)

何処で間違えた? その後 part1

二年前にノーベル賞を受賞されたお方は子供の頃ラジオを分解しては組み立てていたそうで、これは私も真似をシンク手はと思ってネットオークションで落札した戦前の真空管ラジヲ。分解したままで放置状態。これが私からノーベル賞を遠ざけている原因かと反省し、この度やっと組み上げることにしました。[放置状態の記事]

04084150_l_dscf1140

これが分解したラジヲ。二年間、ほったらかしでした。引っ越しが忙しかったと言い訳させてもらいましょう。


1016111310_img_20201016_111

いよいよ組み立て。先ずは再利用する真空管のソケット端子の古いリード線を取り外します。


1016113447_img_20201016_113

古い半田も吸い取ります。


1016113900_img_20201016_113_20210126081801

高圧がかかる部分なので端子間は特に綺麗にしておきます。


1016115558_img_20201016_115

しかしなかなか汚れが落ちず、結局、水洗いしました。これを乾燥させます。


1016111531_img_20201016_111

そしてコイルやバリコンも奇麗に掃除。ボリウムはガタがあり使用不可、新品に交換します。電源プラグもこれでは火事になるので新品に交換。ミゼットバリコンもガタかあるのですが、シャフトの部分に細い針金を巻き付けガタをなくします。


0127080436_dscf4276

真空管は安定抵抗管以外は付属していたのですが、検波段の12Y-R1の代わりに12Y-V1がささっていて、定格を見るとそれでも動作しそうですが、一応念のため正規の12Y-R1を秋葉原で購入。そして整流管の24Z-K2のヒーターがテスターで調べると断線していたのでこれも購入。それぞれ2,000円くらいで計4,000円の出費。このラジオ、落札価格が3,000円程度だったので、本体より高くついてしまいました。


1016115615_img_20201016_115

シャーシはさびが浮いていたので、サンドペーパーでさびとり。完全には撮り切れずこの程度で諦めます。


Housoukyoku123

回路図はネットにいくつかアップされているのでこれを参考にします。図面の線がちょっとかすれているので要注意。書籍には完全に誤った回路図が掲載されているものもあり、ちゃんと回路が読める人でないと復元は難しいでしょうね。

1109093548_dscf4195

一番の問題はヒーター回路に直列に入っている安定抵抗管。戦前、電源事情が貧弱だったので電源電圧が変動していたため、この安定抵抗感を挿入してヒーター電圧を一定にしていたそうなのですが、落札し送られてきたものには撤去されていました。そこでネット情報を検索すると36Wくらいの白熱電球が代用になるとか。とりあえずそれでヒーター回路だけ組み立てて実験です。


1105173243_img_7696_20210126083501

しかし、白熱電球では電源投入直後の突入電流が大きく、パイロットランプが断線してしまいました。


1105173333_img_7700

いくつかヒーター回路に直列の抵抗を入れたりしますが、これでは肝心の真空管のヒーターも断線してしまいそうでしたので抵抗で代用することにしました。


1109092326_dscf4190

200Ω、20Wのホーロー抵抗と、調整用の100Ωの抵抗。


1109092630_dscf4192

結局、200Ωの抵抗一つで規定のヒーター電圧になりました。

続く・・・

« 春の足音蝋梅咲いた | トップページ | 何処で間違えた? その後 完成編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

懐かしい真空管ラジオですね、ST管だったと思いますがアンプやラジオを作りました
ミニチュア管に変わり5級ス-パーを作ったりもしましたが今は廃棄してありません
真空管の方が柔らかくい音が出たような記憶です
唐津散策のもう一つのブログからです

唐津散策さんもラジオ少年だったのですか。
私が子供の頃は既にトランジスタ全盛で、初めて作ったのはトランジスタラジオでした。
5級スーパーも作りましたが、もう真空管用のコイルは地方では販売されていなくて、秋葉原のお店から通信販売で買ったりして何とか完成させました。
ただ、無線の資格試験はまだ真空管の問題が出題されていて、トランジスタの技術とともに勉強しなくては行けなかったので、出題範囲が広くて苦労した思いがあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の足音蝋梅咲いた | トップページ | 何処で間違えた? その後 完成編 »