フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2023年1月24日 (火)

なーにー? 「貯蓄から投資へ」だと~?

昨日の岸田総理の施政方針演説でも触れられていましたが、かねてから言われていた「資産所得倍増プラン」。私もその言葉に踊らされてとある投信を購入。その結果は・・・

Img0000_20230124165401

これや。買った直後は少し右肩上がりでしたが、この一年で大きく目減りしています。投信の人に聞くとこれはまだましな方で、もっとがた落ちしている銘柄もあるらしい。一番左のがくんと下がっているのはコロナの影響。コロナに打ち勝って伸びて来たのに、戦争やら何やかんやでシャレにならないくらいの損失を出してしまいました。もう売るわけにもいかず塩漬けです。

施政方針演説ではNISAとかも文字も踊っていますが、総理大臣のように資産があり余っている人がするものだとつくづく思いました。もうこういうものには二度と手を出しません。

2023年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます

Newyear2023

どうでもいいような内容ばかりですが、今年もよろしくお願いします。

2022年5月19日 (木)

バラが咲いた、やっと咲いた

Img_6124

ここ数日、雨が続きバラの開花も例年より遅い感じでしたが、晴天の今日、ようやく咲きました。プリンセス・ドゥ・モナコ。

Img_6119

こちらはアイスバーグ。他の品種はまだつぼみですが、これから咲きだすでしょう。

2022年3月28日 (月)

チューリップの開花宣言は難しい

Dscf9018

我が家のチューリップ。寒い吹きを通り越してやっと咲いたかと思ったら・・・

Dscf9016

またつぼみに戻ってしまいました。チューリップ、昼間開花しても夜や曇りの日は花を閉じてしまうようです。

2021年10月27日 (水)

コロナ禍はラジオ直して引きこもる

ようやくコロナ禍が収まってきましたが、すっかり出不精が身に付いてしまったくわ一家、天気がいい日でもラジオを直しましょう。

Dscf5697

これは10年以上も前にヤフオクで落札したオンキョーのOS-185という真空管ラジオです。中波はガンガン入るのですが短波はイマイチ。短波はあまり聴くことが無いのですが、この際思い切って調べてみましょう。


Img_3789

中身を取り出します。この製品、ダイヤル糸と指針を外すときちょっと工夫が要ります。指がつりそうになりながらなんとか成功。


Img_3779

昔のラジオはメンテナンス用に回路図がケースに張り付けてあります。これを参考に実際の配線を追いかけて行きますが問題なさそうです。(局発のトリマコンデンサが実際と回路図で異なっていましたが、理論上実態でも問題ありません)


Dscf5524

このコイルをのぞき込むと、なんと中で断線しているではありませんか。断線していると全く聞こえなさそうですが、微妙に結合していて受信可能な状態になっていたようです。


Img_3812

このコイルを外すにはまずこのロータリースイッチを外さないといけません。後で復旧するときのことを考えて写真を撮りながら配線を外していきます。


Dscf5526_20211027121001

コイルを外した状態の写真はありませんが断線していたのはこのボビンの内側。ピンセットで細い線を引っ張り出し、新たな線を追加してなんとか正規の状態に戻します。


Dscf5522

そして配線を元に戻してみますが・・・あれれ、短波が全く受信できなくなってしまいました。


Dscf5532

よくよく調べると、何のことはない、ロータリースイッチの配線ミスでした。配線をし直すと、おお見事、短波もガンガン受信できます。


Dscf5715

ロータリースイッチを外したついでに接点を磨いたので、バンド切り替えでもノイズが出ません。オンキョー、私にとってはオーディオメーカーでアンプやスピーカーを愛用していました。


Dscf5720

この機種は5球スーパー。ダイヤルの周波数が「Hz」でなく「CYCLE」なのが何とも技術の歴史を感じます。短波放送は中学生の頃よく聴いていて、受信報告書を送ってベリカードを集めたりしたものです。いまでも世界中からの電波が届くのか、電波探検が楽しみです。

2021年10月20日 (水)

ワクチン二回目接種完了

出遅れてしまったコロナのワクチン接種、先日ようやく二回目を完了しました。

接種の瞬間、前回は痛かったのですが、今回は何かが触れた感触で終わってしまいました。こりゃ手を抜かれたのかなと心配しましたが、翌日は肩が痛くなり、おまけに微熱が出てきて確実にワクチンの副反応が出たようです。

微熱と言っても37℃と少しでしんどいとか頭が痛いとかは全くなく、なんか体がポカポカして気持ちいいくらいです。

これで大手を振って旅行に行けますが・・海外への道はいつ開かれるのでしょうか。まだまだ遠そうです。

2021年8月26日 (木)

ネットオークションに出品してみた

ネットオークション(〇フオク)は購入では何度か利用していますが、今回初めて出品してみました。

Img_0001_20210826092201

一つ目はスピーカーユニット。海外から個人輸入で買ったものですが、他のユニットに交換したため家に置いていても使いようがないのでオークションに出してみました。以前の〇フオクは出品前に登録して出品料を払うシステムだったと思いますが、今は落札されたら落札金額の10%を支払うシステムで、出品時は無料で出品できます。

で、このスピーカーは一回目で無事落札されました。決済は「かんたん決済」というもので、一旦〇フオクが代金を預かり落札者が受け取り連絡をしたらこちらに振り込まれるようになっています。振り込まれた代金は銀行口座に振り込む時は手数料が別に必要ですが、paypayなら手数料なしで全額移行できます。ここはpaypay一択でした。

結局買ったときの半額くらいで赤字ですが家の中がすっきりしました。

Img0002

もう一つは真空管ラジオ。以前〇フオクでジャンク品を落札し、部品を交換して調整し聴こえるようにしたものです。完動品なので5,000円くらいにはなるだろうと期待して出品しましたがお気に入りには入れてもらっているようですが誰も落札しません。〇フオクは気になる商品をチェックでき、何人の人がチェックしたのか出品者にわかるようになっています。

何度か再出品しましたが落札されず、ならば価格を下げてみましょうと再出品しましたがやはり落札されません。数か月前、民放AM放送が終了するとかのニュースが流れ、そのの影響を受けていたのでしょうか。

もうこれはあきらめて部屋の飾りにするかと思いかけていた、出品して一か月半たったころようやく入札がありました。不思議なことに数人の方から入札があり、ほぼ希望金額で落札されました。皆さん様子を見ていて、入札が始まったとたん価格が上がっていったようです。

落札された方は個人の方ではなく会社組織の方。よく分からないのですが、海外からは落札できないので、この会社が日本で落札して海外に送るのを生業としているのでしょうか。評価を見ると一週間以内にたくさんの商品を落札されているようでした。

しかしこのラジオ、受信周波数は世界中どこでも共通なので放送が聴こえますが、AC100V専用なので海外では使えません。このラジオがこれからどこへ行くのか気になるところです。

2021年7月24日 (土)

夏や 東京湾編

Dscf5193

東京湾の夏空。

Dscf5185

そのお隣はオリンピック会場。無観客の客席に"Go fot it"の文字。

Img_20

これらの旗は出場国の国旗でしょう。

以上、通勤の電車内からでした。

2021年5月 8日 (土)

バラが咲いた、今年も咲いた

0508100853_img_0747

今年もバラが咲きました。


0508100932_img_0752_20210508102801

淡いピンクのバラ、プリンセス・ドゥ・モナコ。


0508101014_img_0758

白いのはアイスバーグ。

これらの花は、"ゆう"が葉に着いたアブラムシ退治をするなど、毎日世話をした成果です。よっ、花咲かばあさん。

2021年1月28日 (木)

何処で間違えた? その後 完成編

ヒーター回路が確定したら、今度は電力増幅部とスピーカーが正常なのか確認します。


1109112437_dscf4197

シャーシ上部にバリコンやコイルを取付け。前面には再生用のミゼットバリコン、音量調整用のボリュウムも取り付けます。


1109112451_dscf4198

シャーシ内部にアンテナコイル。このコイルの一次側二次側、ホット、コールド側が分かりづらく、分解前に撮っておいた写真を頼りになんとか確定。まぁ、違ったら入れ替えて、あれやこれやと試してみましょう。


1109164434_dscf4204

で、電力増幅部だけ組み立て、入力側にCDプレーヤーからの信号を入れてみると・・・おお、音が出るではありませんか。このスピーカー、現代のダイナミックスピーカーとは違い戦前のマグネチックスピーカーですが、思ったよりいい音がします。


1115100919_dscf4211

後は全部組み上げていきます。CR類は全て新品に交換します。ボリウムも新品に。


1116170443_dscf4213

さて、完成です。恐る恐るスイッチ、オン。


1109164619_dscf4207

ここで問題発生。このバリコンのアース端子が引っかかって完全に回りきらないことが判明。端子のはんだ付けの位置やリード線の取り出し方向をいろいろ変えてようやく180度回転することができました。この状態、もともとあった様で、この不具合、戦前からあったのではと思います。


1117084509_dscf4218

もう一つ、ミゼットバリコンのガタがなかなか治まらず、一次側と二次側の羽が時々接触します。このミゼットバリコン、今は販売されていないので、どうしても現物を再利用するしか手はありません。


1117084554_dscf4221

まだ接触しています。

何度か細い番線を巻き付けなんとか接触回避。このバリコンには検波回路の真空管のプレートが接続され、それが接触するという事は高圧がショートするという事でとても危険なので、プレート側にコンデンサを一つ挿入しておきました。これで安心安心。


1116170457_dscf4215

さて、アンテナをつなぐと、おお、放送が聞こえます。テストオシレーターで受信範囲の確認をすると、低い方は530KHz、高い方は1500KHzくらいの受信範囲です。当時の放送波はこれくらいの範囲だったのでしょう。今では地方によっては1600KHzくらいで放送しているので、そんなところで聴くのなら要調整ですね。


1124170318_dscf4227

この放送局型ラジオは再生式という方式でスーパーラジオのように複雑な調整箇所がありません。高周波段と検波段の同調周波数を合わせます。


1125081507_dscf4230

とりあえずこれでシャーシ部分は完成。ダイヤルメモリを取付け。このラジオ、放送局型123号という、戦前の統一規格のラジオです。


1125082213_dscf4234

パイロットランプも取付け。


1125082528_dscf4238

箱の内部も清掃。よく見ると虫に食われた跡があるので、殺虫剤も染み込ませました。


1125082620_dscf4242

箱の左の黒い丸い部品は電源スイッチなのですが、完全に壊れているのでスイッチはボリウム連動のものに配線替え。


1125083816_dscf4249

箱に入れるのにも結構手間どり、ダイヤルやボリウムの位置を確認しながらシャーシを固定し、最後にスピーカーを配線します。


Dscf2177

ようやく完成、放送局型123号ラジオです。左の再生ダイヤルで感度を調節しながら選局します。再生をかけすぎるとよくテレビドラマで戦時中の家庭の再現でラジオから「ピー」という音がしていましたが、そんな感じです。


Dscf2178

戦前、戦中のラジオです。これで玉音放送を聴いた人がいるのでしょうか。


1206173500_img_8829

このラジオ、意外と感度がよくて、床にはわせた5メートルくらいのアンテナでも、夜は大阪や広島の放送局も受信できます。戦時中は放送の受信に制限が掛けられていたはずなのですが、これなら韓国や中国の放送も聞こえてきそうです。

さあ、これでかのノーベル賞受賞者と同じ足取りをたどりました。これでノーベル賞は確実で、今年の10月の発表が楽しみです。

より以前の記事一覧