フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2019年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

2019newyear

今年の干支はイノシシ・・・ええ~?! ホンマカ?

2018年12月31日 (月)

暮れていく2018反省会

今年もいろんな所へ行きました。ちょっと振り返ってみましょう。

Dscf6789

一月しょっぱな、佐賀県内の武雄温泉へ。


Dscf6799_2

小雪がちらつく中行きましたが、温泉そのものは死ぬくらい熱いお湯でした。(江戸っ子ならちょっとぬるいくらいかも)


Dscf0869

二月は同じく佐賀県内の嬉野温泉へ。こちらは我々関西人にもちょうどいい感じのお湯。


Img_4067

ここは通りの看板が「香港か、ここは」と思えるくらい飛び出していたのが印象的でした。


Dscf1401

更に足を延ばして太良海岸へ。もうほとんど長崎との県境です。


Img_3002

そんな佐賀県から四月、またまた引っ越し。もう何回目の引っ越しか、数えようとしましたが忘れてしまいました。


Dscf2162

引っ越し先は愛知県田原市。こんな市があったのですね。新幹線の停車駅の豊橋から近いのですが、結構不便なところです。


Dscf3265

豊橋の近くにラグーナテンボスというテーマパークがあります。佐世保のハウステンボスの姉妹パークですが、やはり本家にはかないません。


03222611_l_img_4406

夏、田原市の先端、伊良湖岬に最接近中の火星とともに天の川が流れます。


29150647_l_dscf4473

豊橋のお隣、浜松へ。いつも新幹線から見えていた鳥居はここにあったのですね。


29124344_l_dscf4293

浜松から足を延ばして可睡ゆり園へ。


29113232_l_dscf3979

初夏というより本格的な夏の日差しでした。今年は暑かった。


Img_4681

また田原市に戻ります。渥美半島の先を走っていると突然映画「2001年宇宙の旅」に出てきそうな直方体の物体が見えてきました。


Img_4737

この辺りは第二次大戦中、陸軍の大砲の実験場があり、その頃の戦争の遺跡が残っています。


28110819_l_img_4421

こんな半島の海岸にも。この岩に機関砲を置いて、上陸しようとするアメリカ軍を狙っていたとか。フランスのノルマンディのような施設があったとは。


16133415_l_dscf5462

再び豊橋からショートトリップ。秘境駅で名高い飯田線の小和田駅へ。暑かった。


13061143_l_img_7006

ちょいと野暮用で京都に行ったりもしました。


16041051_l_img_1118

そして今年の夏はフランスへ。遠かった。


Dscf1600

一応、県庁所在地にも行ってみないといけません。名古屋は大須へ。


Dscf1823

大須観音。名古屋へは意外と遠く、ちょっと気軽にはいけない距離です。


24135248_l_img_4863

やっと涼しくなってきたころ、田原市から三河湾を挟んだ対岸にある西浦温泉へ。対岸から見ると温泉の建物がこんもりと見え、フランスのモンサンミッシェルのようです。


24135355_l_img_4865

この写真に写っている山は田原市。帆船が浮かんでいました。


20134935_l_dscf4763

12月、ゆうの沖縄へ連れて行け攻撃で沖縄へ。何年ぶりでしょうか。天気に恵まれました。

さて、来年はどんな年になるのでしょうか。引っ越しはあるのでしょうか。 皆さん、いいお年を。

2018年4月21日 (土)

引っ越し騒動記2018(その5)

いよいよ唐津を離れる日がやってきました。

31062408_s_img_6337

唐津最後の日はジョギングでスタート。虹ノ松原で日の出を迎えました。

31064647_s_img_6349

帰りは老舗旅館の前から見える唐津城。去年の今頃、あの南光師匠の独演会を聞きに来た旅館です。

31065039_s_img_6365

そして舞鶴橋を渡り唐津城内へ。

31065540_s_img_6377

唐津城下の周回道路を走り海舟に戻ります。

31082012_s_dscf7439

海舟に戻り朝風呂に浸かったのち、朝8時から朝食。ここの朝食は早くても8時からなので、早朝から活動する人は要注意です。

31084043_s_dscf7442

食堂に飾られていた唐津くんちの絵。唐津くんち、もう一度見てみたいですね。続く・・・

2018年4月19日 (木)

引っ越し騒動記2018(その4)

さて、引っ越しに欠かせないアレとは?

30155859_s_img_3215

何のことはない、市役所での転出届です。市役所前の満開のさくら。やはりこの時期、窓口は混んでいます。


30163931_s_dscf7395

そして唐津最後の夜はココ、御宿海舟。いつもこの前をジョギングで走っていて、一度来てみたいと思っていたところです。


30173111_s_img_3232

部屋はこんな感じ。畳敷きで旅館の装いです。


30175810_s_img_3249

そして夕食のメインは何と言ってもコレ、イカの活け造り。出されたとき、まだ足が動いていて何となく光っているように見えます。


30175820_s_img_3250

他ではこんな透き通ったイカは食べられないでしょうね。


30180145_s_img_3253

そしてこちらはイカシュウマイ。


30183511_s_img_3257

そして何と言ってもおいしいのがこのゲソの天ぷら。イカの活き造りの身の部分を食べると残ったゲソはこのように天ぷらにしてもらえます。衣のサクサク感がたまりません。

このようにして唐津の最後の夜は更けていったのでした。続く・・・

2018年4月18日 (水)

引っ越し騒動記2018(その3)

さて、唐津城の門をくぐり城内に入ってみましょう。

30142012_s_img_3052

この門をくぐり城内へ。


30142342_s_img_3068

ここは花見の場所として人気ですが、平日なので人があふれるほどではありません。


30142620_s_img_3081

ここからも虹ノ松原がよく見えます。


30142916_s_img_3101

そして宝くじが当たると言われる宝当神社がある高島。


30143053_s_img_3107

こちらが唐津城。


30143126_s_img_3111

私たちが唐津に住んでいたほとんどの期間は工事中で内部に入れませんでした。リニューアルして初めての訪問です。


30144640_s_img_3113

内部は撮影禁止。唐津の歴史などの展示でした。そして「ユーリ!!! on ICE」のここだけは撮影OK。右端は唐津のゆるキャラ「唐ワンくん」


30144752_s_img_3114

天守から見た松浦川。お殿様はこの景色を見ていたのかというと、当時の絵図には天守が描かれていないので、実際天守があったのかどうかわからないらしい。


30144816_s_img_3116

高島と手前が桜が満開の舞鶴公園。


30144917_s_img_3122

こちらは西の浜。この西の浜と虹ノ松原をセットで見ると鶴が羽を広げたように見えることから舞鶴城と呼ばれています。


30144959_s_img_3128

唐津市街。足繁く通ったトライアルは閉店してしまい看板も消えてしまいました。(トライアルは別の場所にもう一軒あります)


30150902_s_img_3147

さて唐津城を降り、城の裏門へ。ここも桜が奇麗。


30151552_s_img_3162

舞鶴橋を渡り唐津城を観ます。


30151814_s_img_3173

ユーリがトレーニングで走っていた舞鶴橋。私のジョギングコースでもありました。


30152343_s_img_3185

さあ、唐津城を後にし、引っ越しでなくてはならないコトをするためアノ場所へ。続く・・・

2018年4月17日 (火)

引っ越し騒動記2018(その2)

さて、荷物を出し終わったところで、例年より早く開花した桜でも見に行きましょう。

30140046_s_img_3003

桜と言えば唐津城。テレビアニメ「ユーリ!!! on ICE」ではこのお城の下がユーリの練習リンクですが、実際には早稲田佐賀中高校があります。


30141048_s_img_3021_2

そしてこの唐津城は忍者屋敷という設定でしたが、内部は博物館のようになっています。


30141242_s_img_3029

唐津城下のちょっとした高台には、平日にもかかわらずたくさんの人出。


30141311_s_img_3032

そこから見えるのは松浦川と・・・


30141400_s_img_3036

虹ノ松原。


30141601_s_img_3041

30141819_s_img_3046

更に上に行ってみましょう。続く・・・

2018年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます

Img_7766

今年もよろしくお願いします。ここはどこ?? 詳しくはこちら→[イギリス旅行記]

2017年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます

昨年も色々な所へ行けました。今年も色々な所へ行けるよう、健康でありますよーに。

2017newyear

皆さんもいい一年でありますよーに。今年もよろしくお願いします。

2016年7月16日 (土)

引っ越し騒動記2016(自動車編)

今年4月に佐賀県に引っ越してきたくわ一家。まだ引っ越しは完全には終わっていません。

Img0001

自動車の住所変更がまだです。佐賀市まで手続きに行きましょう。と、最初、間違えて陸運事務所に行ってしまいました(左)。軽自動車は軽自動車検査協会で手続きしないといけません。陸運事務所隣の軽自動車協会へ。(右)


Img0002

何枚かの書類に記入して無事佐賀ナンバーのナンバープレートを「買い」ます。北九州のナンバープレートを外し、佐賀ナンバーを取り付け、手続き完了。

書類は5,6枚記入しましたが、それぞれに新しい住所を書かないといけません。新住所を何回書いたことやら。住所は一か所なんやからどれか一枚に一回書いたらわかるやろ・・・とぶつぶつ不満をつぶやきます。こういうところがお役所仕事です。

このあと帰ってからETCのナンバー変更や自動車保険のナンバー変更などいろいろと手続きがまだ続くのでした。ふぅ。

[軽自動車検査協会 住所変更]

2016年7月 7日 (木)

転勤族投票するのも一苦労

世間では参議院議員選挙真っただ中。ここ唐津でも都会ほどではありませんが選挙カーが忘れたころに目立たず静かに走っています。

今、公示されているのは参議院議員選挙。参議院は衆議院と違って解散がないので選挙は三年毎の夏場に行われます。

そこで困るのが我々転勤族。およそ転勤というものは春にあるので、この参議院選挙は転勤前の住所の選挙人名簿に載っているため新しい住所では投票できません。転勤もだいたい三年毎で参議院の選挙と被ることが多く、今まで投票する機会があまりありませんでした。

今回の選挙でも公示直後北九州から投票の案内が届きましたが投票所はやはり北九州。これは今回も無理だな、とあきらめながら案内をよく読むと、選挙人名簿に記載の住所に住んでない人は不在者投票という制度で投票できると書いてあります。送られてきた案内書に新住所を記載して、旧住所の選挙管理委員会に送ると投票用紙が送られてくるそうです。で、さっそくやってみました。

Dscf7427

案内書に新住所を書いて送り返し、しばらくすると投票用紙が送られてきました。ただ、このビニールの袋を開封すると無効になるとのことで、この状態で新住所である唐津市役所の選挙管理委員会に行きます。

唐津市役所には期日前投票所が開設されていましたが、そこは不在者投票所ではなく、庁舎三階の選挙管理委員会の事務室まで行かないといけません。事務室に入り係員に投票用紙を渡します。記入台は一台だけ。夫婦で行ったので一人は事務室のテーブルで待ちます。

投票用紙に記入すると二重に封筒に入れ投票完了です。あとは唐津から北九州に郵送するそうです。

北九州からの投票の案内は既に転出届を出しているので唐津の住所に来ています。だったらこんな面倒なことをしないで、住民票に記載されている新住所に投票用紙を最初から送ってくれれば一手間省けるのに、面倒なことをしてくれます。

今回は福岡県から佐賀県の引っ越しで、しかもここは福岡のテレビ放送もなんとか映るので候補者の名前と顔はわかりましたが、これがもっと遠距離だと誰が立候補しているのかすらわからないでしょうね。ちなみに投票用紙と一緒に福岡県選挙区の立候補者とその人のURLも記載されていたので、インターネットで公約などは見ることができます。

我々転勤族には春の地方選挙とこの参議院選挙の選挙権はない、とハナから思い込んでいましたが、こんな制度があったとは。全然知りませんでした。

最近の選挙は投票率が50%とかで、徐々に減少傾向にあるようです。幕末の志士、坂本龍馬がこのことを知ったらどんだけ嘆き悲しむことか。坂本龍馬の時代では手にしたくてもできなかったこの選挙権、タダで手に入ったものと思ってはなりません。有効に使いたいものです。

より以前の記事一覧