フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

映画・テレビ

2017年8月 5日 (土)

チャングムの誓いをやっと観終わった

韓国旅行へ行ってから、気になりだした韓流ドラマ。初回はあの冬ソナを見ましたが期待外れで、もう韓流ドラマはええわ、と思っていましたが、ひょんなことから今度は「チャングムの誓い」を観だしてしまいました。

五月頃からレンタルビデオ店で一巻ずつ借りて、先日やっと見終わりました。長かった~。感想は・・・ハマってしまいます。

だらだらと話が進む冬ソナと違い、話の展開が早く、ちょっとよそ見をしていると着いていけなくなります。また悪モンとええモンがはっきりしているので、あまり深く考えずに楽しめます。

Chyagmu

西暦1600年ころの話で、ちょうど豊臣秀吉があの名護屋城から朝鮮を攻めていた頃で、そんな内輪もめしてる場合やないやろ、私腹を肥やしてる場合か、とか、朝鮮を攻め込んでいる日本の侍の話す日本語がちょっと下手アルヨ、とか、その侍のチョンマゲが後退しすぎ、とか突っ込むところはありましたが、冬ソナのような突っ込みどころ満載でなく、また、根本的なところでの突っ込みがないので、安心してドラマに没頭できます。

ドラマで話されている韓国語でひっきりなしに出てくる「ママニー」という言葉が印象に残り、また、ドラマのバックでしきりに鳴いている鳥、佐賀県の県の鳥で佐賀名カチガラス(韓国名カッチ、和名カササギ)の鳴き声、ここ唐津にはこのカチガラスが生息していて、実際に窓の外から聞こえてくる「カチカチ」という本物のカチガラスの鳴き声を聞きながらドラマを見るのもいいものでした。

22181558img_2912

写真は唐津のカチガラス


ただ、残念だったのはエンディング。途中でもうこのドラマは終わりだ、というクライマックスがありますが、それからまだまだ話は続きます。どこまで続くのやろ・・・というところであっけなく中途半端に終わってしまいます。あのクライマックスで終わらすか、もうちょっと一ひねりや二ひねりしてほしかったですね。

26122348img_9068

ひとつ収穫だったのは、ソウルの景福宮で見た「一品」「二品」の意味。そういうことだったのですね。謎が解けました。出来ればソウルに行く前にこのドラマを見ていればよかったと反省です。

チャングムは実際にいた人らしく、チャングムの足跡をたどって王宮巡りをするのもいいかもわかりません。

[韓国旅行記2016 景福宮]

2014年2月15日 (土)

永遠の0は永遠に終わらない

かつて朝日放送で放送されていたテレビ番組、ラブアタック。この番組で常連になっていたみじめアタッカーのひとり百田尚樹氏。司会の上岡龍太郎が彼を紹介するときのフレーズ、

「新島襄が泣いて喜ぶ、同志社大学法学部、百田尚樹!」

彼は猛烈にアタックするが最後は振られてしまう、お決まりのパターンにいつも笑い転げていました。

そんなみじめアタッカー出身の氏が書いたデビュー小説「永遠の0」を遅ればせながら読みました。

Img_0565 出だしはよくある老人の戦争話か、となかなかページが進みませんでしたが、ラバウルやガダルカナルのあたりから止まらなくなってしまいました。
最後の方に出てくる衝撃の事実。
ラストのエピローグまでほとんど一気読みでした。

で、その衝撃の事実をもう一度確かめようと、また最初から読み直しています。このままでは永遠に終わりそうにありません。

さらに、今日はこの本の帯にも書かれている映画も見てきました。

Img_0563 場所はもちろんここ、八千代館。

Img_0549 今日からちょっと間引き上映でしたが、ポスターはばっちり貼ってあります。雪かき用のスコップセットもバッチリ。

Img_0555

Img_0556 Img_0561 永遠の0関連なのか階段の両脇にはゼロ戦関連の映画のポスターが貼ってあります。こんなにあったのですね。

Img_0557 二階のロビーには戦艦三笠の模型が。こんなんを見ると舞鶴の映画館ということが彷彿させられます。

映画の感想ですが、原作本とほぼ同じ内容ですが、ちょっと省略しているところがありました。たとえば原作本では井崎さんの孫がいい味を出しているのですが登場していません。

しかし、なんといっても決定的に違うのがラスト。原作本ではエピローグの部分ですが、ここの一番感動的な部分が出てきません。この小説のクライマックスです。もしかして、エンドクレジットの後に出てくるのかと期待しましたが、そのまま"The END"。もしかして、この部分だけは映像化しないで、と百田氏の希望でもあったのでしょうか。良く考えるととても映像化できなかったのかもわかりません。

最近テレビのコメンテーターなどに自分は戦場に行かないつもりなのか、勇ましい発言をする人が増えてきていますが、この小説や映画を見てどう思うのでしょうか。

2013年1月25日 (金)

ミゼラブル鐘が三つでああ無情

昨年の12月末から上映されている「映画」レ・ミゼラブルの評判がおしなべて好評なのでレ・ミゼラブルファンの私としてはこれは見逃すわけにいかず、先日鑑賞してきました。

Dscf4383 場所は舞鶴の八千代館。スクリーンが三つある立派な「シネコン」です。

Dscf4382 レ・ミゼラブルのポスター。コゼットの挿絵を見るだけでなんとなく悲しくなってきます。

Dscf4386 そんなコゼットを見た後、いつも不思議に思うのが入り口で映画の台本を読んでいる二宮金次郎。なぜ映画館に二宮金次郎? 今日は007の台本を読んでいます。

Mainimage で、今日鑑賞する映画「レ・ミゼラブル」。原作はビクトル・ユゴー。フランス語で「哀しき人々」と言う意味だそうですが、日本では「ああ、無情」という題名で訳されています。(読んだことはありませんが) この物語の切なさは、日本語訳の題名の方がぴったり合っていると思います。

この映画、ミュージカルを映画化したもので、ストーリーも曲もミュージカルと「ほぼ」同じものです。役者さんの歌も後からの吹き替えではなく撮影時に歌っているそうです。

映画はミュージカルと同じく感動的でしたが、・・・、ただ、ちょっと残念だったのは撮影時に歌を録音していて(これがこの映画の特徴?)、そのためか歌がささやくような歌声になっています。ミュージカルではダイナミックな曲でその歌声に圧倒されるのですが、この映画ではショボくなってしまっています。

それになんといっても残念なのは私が一番好きな「ワン・デイ・モア」の曲の順番が入れ替わっていたこと。いや、ただそれだけならいいのですが、ワン・デイ・モアの歌詞そのものはミュージカルと同じですが、この映画のシュチエーションではその意味が変わってしまっています。ミュージカルではそれぞれの登場人物が「あと一日あれば」と明日に希望を持つという深~い意味があるのに、この映画ではただ単に後一日で革命が起こる、と言う平べったい意味での「ワン・デイ・モア」になっています。これではミュージカルと歌詞は同じでも、歌の意味合いが全く変わってしまい、この曲の魅力が半減してしまっていました。ああ、残念。

ま、全体的に素晴らしいストーリーでおしなべて評価がいいのでしょうが、私にとっては音楽的にはイマイチでした。

やはりこのミュージカルは劇場でミュージカルとして鑑賞するのが一番だと改めて認識しました。
ところで、この映画にある方が登場されているのがわかりましたか? オタッキーなことなので、ま、別にどうでもいいといえばどうでもいいのですが。

それにしても、レ・ミゼラブル、四面楚歌のこの状態、どこかの国に似ていると思いませんか?