フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

天体写真

2022年11月11日 (金)

地球の影

Dscf28932_20221115080801

写真を並べ替えて地球の影を表現してみました。こうして見ると、月は地球の影のど真ん中を通過したのではなく、やや上を通ったようです。それで上の方が明るいのですね。

2022年11月10日 (木)

月食がやっぱり主役

Img0001_20221109160601

惑星食だ、天王星だと言っても、やはり今回の主役は月食。テレビでは東京スカイツリーと月食の写真が紹介されていましたが、私も負けじと連続写真を。皆既食に入ってからの露出調整が難しいですね。


Dscf28862

そして月の欠け具合をカタログ風に。月が地球の影に入っていく様子がよく分かります。月食そのものは日本では3年後だとか。今度はスカイツリーをバックにした写真に挑戦してみましょう。

2022年11月 9日 (水)

月に天王星が沈んでいった

Dscf2856

2022年、11月8日は皆既月食。いそいそと近くの公園に出かけてみると、おお、まんまるなお月様が既に浮かんでいるではありませんか。


Dscf2892

事前情報では18時9分くらいからかけ始めるとのことでしたが、千葉ではその時刻、既にかけ始め、18時30分、3分の1くらい欠けてきました。


Dscf2932

三日月状の月が完全に地球の影に入ると、月は赤銅色に色を変え、8時、食の最大を迎えます。そして、月の左下には今回のもう一つの主役、天王星が見えてきました。


Dscf2962

天王星は徐々に月に近づき、20時40分、月にすれすれに接近、その後月に隠れてしまいました。再び天王星が姿を現すのは皆既食が終わった後で、月のあかりで、このショボいカメラレンズでは姿をとらえることができません。ああ、望遠鏡があれば・・・

ちなみに2014年10月にも月食があり、このときも月のすぐ近くに天王星が見られました。[2014年10月月食]

このような皆既月食と惑星食が同時に見られるのは442年ぶりだそうで、次はなんと322年後に土星が隠れるのだそうで、そのときは今回のように望遠レンズが無くても肉眼で見られるのでしょう。これはぜひ見ないといけませんね。

2020年8月31日 (月)

久々に星子さんとご対面

なんとかウィルスのおかげですっかり出不精になってしまいました。今年の夏休みは海外はおろか国内旅行もままならない状況。関東圏の人間は嫌われているのではと思いながらも、勇気を出して東北へ行ってみました。

福島県は南磐梯の小野川湖畔での一枚。

0826025800_img_4773

この季節、深夜2時を過ぎると冬の星座、オリオン座が東の空から昇ってきます。そして中央下には明るい金星。秋の天の川が左上から右下にかけて流れています。金星周辺で斜め右上に伸びている光は黄道光でしょうか、肉眼では全く見えませんでしたが、現像してはじめて気づきました。

やはり高原での星空はきれいです。最近ご無沙汰していた星空撮影。復活させましょうか。

2019年2月 3日 (日)

地球照

冬は空気が澄んでくるので、月の暗部が地球の光に照らされる「地球照」が綺麗に見えます。

Dscf5984

これは一か月前の1月上旬の早朝。朝焼けの空に月齢27くらいの月が昇ってきます。


Dscf5987

右上が木星。写真には写っていませんが金星が明るく輝いています。木星の右には夏の星座・さそり座のアンタレスが既に昇り、もう夏の星空です。


Dscf6009

そして月齢27くらいの三日月状の月の夜部分に地球の光があたり、月の模様が何となくわかります。実際どれくらいの明るさなのか、本や新聞が読めるくらいの明るさなのか、行って見てみたいですね。

2019年1月 6日 (日)

富士の後鷹と茄子がやってきた

初夢で縁起がいいとされている「一富士二鷹三茄子」は、富士が末広がり、鷹は高く、茄子は光り輝くの意味なんだそう。先日、富士が見られた後、今日はなんと鷹と茄子が同時にやってきました。

06100200_l_img_6760

最近、すっかり星子さんから遠ざかり、天文ネタに疎くなっていましたが、今朝新聞を開けると、午前に部分日食があるとの記事。早速調べると午前10時くらいに最も欠けるとのことでした。

8時くらいは快晴で天気が良かったのですが、9時くらいから曇り出しすっかり諦めていましたが、10時前にちょうど雲間から太陽が現れました。

天高く、光り輝く、まさに鷹と茄子です。これで今年の運勢もバッチリです。

2018年8月 7日 (火)

大接近火星をまじめに撮ってみる

先日、火星を撮ってみましたが、せっかくの大接近、持ちうる最長の焦点距離のレンズで撮ってみましょう。

Img_4958

200mmのレンズにテレコンバーターを付けて400mmに、APSサイズのカメラに取り付けて、換算640mm。それでも実像は「点」にしか写らなくて、かな~りトリミングして、なんとか丸くなりました。北極辺りが微妙に色が白くなっているのが分かります。


Img_4968

ついでに土星も。なんとか輪が写っています。これ以上の解像度を得ようとすると、やはり望遠鏡が必要ですね。望遠鏡か~。内視鏡は何度か経験があるのですが・・・

2018年8月 6日 (月)

天の川光の競演岬の灯台

Img_4395

伊良湖岬の先端、灯台までやってくると、光害は少なくなり、天の川がはっきりしてきます。灯台の左横には火星、写真中央には土星、写真右下に光るのは対岸の神島の灯台です。


Img_4406

まるで天の川を走る船に、光を投げかけているようです。灯台の左の星は最接近の火星。


Dscf5817

Img_4413

星々の光に加えて、沖を行きかう船の光が混じる、なかなか面白い光景でした。

2018年8月 5日 (日)

火星や!

Dscf5792

薄暮を過ぎ、完全に夜を迎えた伊良湖岬。東の空から先週、大接近したと話題になっていた火星が昇ってきました。左の明るい星が火星、写真中央、天の川の中には土星、写真右側にはさそり座のアンタレスも火星に負けないくらいの赤い光を放っています。


Dscf5789

もっと視野を広げてみると、写真右には木星、火星の上には彦星、天の川を挟んで織姫星も輝いていました。七夕の夜はこの二つの星、出会えたのでしょうか?


Img_4350

ここは近くに中部国際空港があり、飛行機がひっきりなしに飛んでくるので、星空の撮影には向きません。もしかしたら中にはUFOが混じっているかも。


Img_4364

火星をアップしてみましたが、やはり望遠鏡が無いと無理ですね。


Img_4335

明るい惑星に一等星とゴージャスな星空ですが、ここ、渥美半島は電照菊の産地で、写真左の東の方からは強力な光害が襲うので、期待したほどではありませんでした。

2018年8月 4日 (土)

夕暮れに金星輝く伊良湖岬

台風が直撃した渥美半島。半島の西半分くらいが停電し、スーパーやコンビニの冷凍食品は全滅。かなりの損害が出たのではないでしょうか。信号も消えましたが、事故や交通渋滞は起こらず、普段よりもスムーズに車が流れているようでした。

今週もいい天気が続き、こちらに越してからずっと気になっていた、星子さんのご機嫌をうかがいに行きました。

Dscf5739

で、やってきたのは伊良湖岬。奇麗な夕焼けで、星子さんも期待が持てます。よく見ると金星が輝いています。


Dscf5745

対面には神島の灯台。かなり強力な光を放っています。徐々に夜が更けていきます。続く・・・

より以前の記事一覧