フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

佐賀だより

2018年4月21日 (土)

引っ越し騒動記2018(その5)

いよいよ唐津を離れる日がやってきました。

31062408_s_img_6337

唐津最後の日はジョギングでスタート。虹ノ松原で日の出を迎えました。

31064647_s_img_6349

帰りは老舗旅館の前から見える唐津城。去年の今頃、あの南光師匠の独演会を聞きに来た旅館です。

31065039_s_img_6365

そして舞鶴橋を渡り唐津城内へ。

31065540_s_img_6377

唐津城下の周回道路を走り海舟に戻ります。

31082012_s_dscf7439

海舟に戻り朝風呂に浸かったのち、朝8時から朝食。ここの朝食は早くても8時からなので、早朝から活動する人は要注意です。

31084043_s_dscf7442

食堂に飾られていた唐津くんちの絵。唐津くんち、もう一度見てみたいですね。続く・・・

2018年4月19日 (木)

引っ越し騒動記2018(その4)

さて、引っ越しに欠かせないアレとは?

30155859_s_img_3215

何のことはない、市役所での転出届です。市役所前の満開のさくら。やはりこの時期、窓口は混んでいます。


30163931_s_dscf7395

そして唐津最後の夜はココ、御宿海舟。いつもこの前をジョギングで走っていて、一度来てみたいと思っていたところです。


30173111_s_img_3232

部屋はこんな感じ。畳敷きで旅館の装いです。


30175810_s_img_3249

そして夕食のメインは何と言ってもコレ、イカの活け造り。出されたとき、まだ足が動いていて何となく光っているように見えます。


30175820_s_img_3250

他ではこんな透き通ったイカは食べられないでしょうね。


30180145_s_img_3253

そしてこちらはイカシュウマイ。


30183511_s_img_3257

そして何と言ってもおいしいのがこのゲソの天ぷら。イカの活き造りの身の部分を食べると残ったゲソはこのように天ぷらにしてもらえます。衣のサクサク感がたまりません。

このようにして唐津の最後の夜は更けていったのでした。続く・・・

2018年4月18日 (水)

引っ越し騒動記2018(その3)

さて、唐津城の門をくぐり城内に入ってみましょう。

30142012_s_img_3052

この門をくぐり城内へ。


30142342_s_img_3068

ここは花見の場所として人気ですが、平日なので人があふれるほどではありません。


30142620_s_img_3081

ここからも虹ノ松原がよく見えます。


30142916_s_img_3101

そして宝くじが当たると言われる宝当神社がある高島。


30143053_s_img_3107

こちらが唐津城。


30143126_s_img_3111

私たちが唐津に住んでいたほとんどの期間は工事中で内部に入れませんでした。リニューアルして初めての訪問です。


30144640_s_img_3113

内部は撮影禁止。唐津の歴史などの展示でした。そして「ユーリ!!! on ICE」のここだけは撮影OK。右端は唐津のゆるキャラ「唐ワンくん」


30144752_s_img_3114

天守から見た松浦川。お殿様はこの景色を見ていたのかというと、当時の絵図には天守が描かれていないので、実際天守があったのかどうかわからないらしい。


30144816_s_img_3116

高島と手前が桜が満開の舞鶴公園。


30144917_s_img_3122

こちらは西の浜。この西の浜と虹ノ松原をセットで見ると鶴が羽を広げたように見えることから舞鶴城と呼ばれています。


30144959_s_img_3128

唐津市街。足繁く通ったトライアルは閉店してしまい看板も消えてしまいました。(トライアルは別の場所にもう一軒あります)


30150902_s_img_3147

さて唐津城を降り、城の裏門へ。ここも桜が奇麗。


30151552_s_img_3162

舞鶴橋を渡り唐津城を観ます。


30151814_s_img_3173

ユーリがトレーニングで走っていた舞鶴橋。私のジョギングコースでもありました。


30152343_s_img_3185

さあ、唐津城を後にし、引っ越しでなくてはならないコトをするためアノ場所へ。続く・・・

2018年4月17日 (火)

引っ越し騒動記2018(その2)

さて、荷物を出し終わったところで、例年より早く開花した桜でも見に行きましょう。

30140046_s_img_3003

桜と言えば唐津城。テレビアニメ「ユーリ!!! on ICE」ではこのお城の下がユーリの練習リンクですが、実際には早稲田佐賀中高校があります。


30141048_s_img_3021_2

そしてこの唐津城は忍者屋敷という設定でしたが、内部は博物館のようになっています。


30141242_s_img_3029

唐津城下のちょっとした高台には、平日にもかかわらずたくさんの人出。


30141311_s_img_3032

そこから見えるのは松浦川と・・・


30141400_s_img_3036

虹ノ松原。


30141601_s_img_3041

30141819_s_img_3046

更に上に行ってみましょう。続く・・・

2018年4月14日 (土)

引っ越し騒動記2018(その1)

またまたの引っ越し。もう何度目か、数えるのも面倒になりました。
新聞やテレビのニュースで、今年は特にトラックのドライバー不足で引っ越し難民が大量発生するとの報道があり、本当に無事に引っ越しできるのか心配していましたが、意外とすんなり契約できました。

Img_6238

いつも通り、小物は自分たちで梱包。山のように積まれた段ボール。

Img_6271

そして引っ越し当日。幸い天気にも恵まれました。荷物はこの2トン車にほぼ収まりました。

Img_6304

引っ越しは無事終了。しばらく唐津に滞在します。

Img_6300

旅館では食事は出ないとのことで、近くの食堂へ。唐揚げ定食を食します。もちろんビールも。引っ越し疲れの体にビールがしみわたります。続く・・・

2018年3月29日 (木)

濡れた衣干して乾かす百年桜

全国的に桜の開花が早いですが、ここ唐津も例外ではありません。

Img_6255

唐津の桜と言えば唐津城が有名ですが、佐用姫伝説が残る衣干山のふもとに衣干山百年桜が満開になりました。


Img_2874

これは3月27日。ちょっとつぼみが残っていて、9分咲くらいでしょうか。これくらいがほのかなピンク色が残っていて奇麗です。


Img_2878

Img_2885

この百年桜はソメイヨシノではなく山桜だからでしょうか、花の色は白っぽく、葉の芽も出ています。


Img_2929

そして遠くには唐津城。ここの足元の桜も満開でしょう。


Img_2920

これは翌28日の状況。写真では分かりませんが、昨日よりたくさんの人が来ています。


Img_2969

ベンチで弁当を食べながら花見をする人や、ストレッチをしている"ゆう"。


Img_2976

一日違うだけで、開花がかなり進みました。

Img_2983

地元の人しか来ない桜の名所でした。

2018年3月 5日 (月)

イカだけでなかった唐津のうまかもん

唐津の有名な食べ物と言えば呼子のイカの活け造りですが、地元の人はこんなところがお気に入りです。

Img_2018

やってきたのはここ、JR筑肥線の・・・


Img_2052

浜崎駅。浜崎、ここは夏の浜崎祇園祭が有名です。


Img_2021

ここは昼間は駅員さんがいます。


Img_2023

これが駅舎。昭和のたたずまいです。


Img_2022

そして駅前はこんな感じで、駅前食堂、駅前旅館と、これまた昭和の典型的な駅前風景です。(ただし旅館は廃業している雰囲気でした)


Img_2036

そして駅からとことこと歩いて、ここは諏訪神社。夏の祇園祭はこの前で大きな山笠をぐるぐる回すおおまぎりでクライマックスを迎えます。


Img_2041

そしてこれがその山笠。高さを人間と比べてみれば分かりますが、博多の祇園山笠よりもずっと高く、10メートルくらいはあります。


Dscf7292

そしてやってきたのがココ、本日の目的地「ステーキハウス蜂」。ガイドブックにも載っているお店で以前から気になっていたのですが、天気も良く暖かかったので、この日に参上した次第です。


Dscf7271

やはり人気があるようで、15分ほど待ち入店、3,200円のステーキのセットを注文。カウンター席だと目の前で焼いてくれます。


Dscf7276

焼きあがったら最後にブランデーでファイアー。


Dscf7279

肉が焼きあがりました。もちろんアツアツのステーキと、ビール。このためにわざわざ歩いて行ったのです。どんだけ呑み助やねん。


Dscf7282

そしてすべてが焼き上がり、ビールも二本目。


Dscf7287

最後にコーヒーも出てきます。ああ旨かった。海の幸もいいですが、たまにはこういう肉食系もいいものです。[ステーキレストラン蜂]

2018年2月 8日 (木)

白ナマズランタン灯しあったかに

毎年旧正月の長崎ランタン祭りは有名ですが、長崎と県境をなすお隣の佐賀県嬉野市でもランタンを灯す「うれしのあったかまつり」なるものが開催されています。

Dscf1198

なんでも今年で18回目だそうで、九州に住んで4年目、佐賀県に住んで2年目でしたが、全く知りませんでした。それだけ長崎のランタン祭りの方が有名なのでしょう。


Dscf1173

長崎のランタン祭りは旧正月に合わせたものですが、こちらはそれとは関係なく、寒い時期にあったまるように開催するようです。


Dscf1182

ここは嬉野市の体育館で開催されている宵の美術館というイベントで、このようにランタンがちりばめられ、嬉野の川を再現しているとのこと。


Dscf1184

なので並べられているのは川魚ばかり。


Dscf1186

夕方5時から灯されます。


Img_4115

二階の観客席から見るとまた迫力が増します。


Img_4126

後ろの白いナマズは嬉野の川を泳いでいたといわれる「白ナマズ」。なんでも嬉野温泉のつるつるのお湯はこのナマズによるものだとか。


Img_4131

しかし、ここの二階、暖房がよく効いていて、それがかえって外に出たとき寒さを感じてしまうのでした。

[うれしのあったかまつり]

2018年2月 1日 (木)

玄界灘肥前向島行ってみた(最終回)

さて、向島を後にしましょう。

Dscf0393

船着き場へ行く途中から小学校を振り返ります。子供、いるのでしょうか。


Dscf0394

子供たちが書いたと思われる絵。唐津の離島の防波堤には、どこもこのような絵が描かれていました。


Dscf0399

定期船。既に先客が来られています。


Dscf0401

乗り込みましょう。往きと同じく切符は船内で買います。


Dscf0403

定刻で出港。お客さんは私たちを含めて3人のみ。あちこちの離島へ行きましたが、一番少ない乗船客数です。


Dscf0405

小学校が遠のきます。


Dscf0417

なんかひょっこりひょうたん島のような形です。


Dscf0419

この角度から見ると、すごいところに灯台が建っていたのですね。


Dscf0437

10分で星賀港に到着。


Dscf0434

なんか印象的な「油」と書かれた建物。ここで漁船に給油していたのでしょうか。

[向島航路時刻表]

2018年1月31日 (水)

玄界灘肥前向島行ってみた(その4)

向島の集落を歩いてみましょう。

Dscf0336

このような路地、離島の典型的な道です。


Dscf0337

道の角にはお地蔵さん。


Dscf0338

廃墟らしき建物もいくつかあります。


Dscf0339

まるで迷路のような路地。


Dscf0347

消防団の法被がなぜか脱ぎ捨ててあります。乾かしていたものが落ちただけか?


Dscf0348

路地を抜けると・・・


Dscf0350

急に開けたところに出てきます。学校のようです。


Dscf0354

この先にあるのは八坂神社。


Dscf0352

Dscf0374

八坂神社の鳥居をくぐるとすぐ左にあるのが・・・


Dscf0357

松尾春子先生を慕う碑。松尾春子さんとはこの島の小学校の先生で、戦後、台湾から引き揚げこの学校に赴任し、最後までこの学校の教育に献身的に携わったとのこと。


Dscf0372

八坂神社にお参りしましょう。


Dscf0361

八坂神社の本殿。この島唯一の神社のようです。


Dscf0367

島の方が落ち葉掃除をされていました。


Dscf0368

Dscf0373

神社の階段から海が見下ろせます。この日は日曜日でしたが、そういえば子供の姿や声が全くしません。


Dscf0376

右が松尾春子先生が最後まで勤められていた小学校。もしかして中学校もあるのでしょうか。


Dscf0377

もうすぐ船の時刻です。


Dscf0382

ここが島唯一の商店のようでしたが、商品がほとんど並んでいません。みなさん買い物はどうしているのでしょう。


Dscf0388

なんとこの島には民宿がありました。営業している雰囲気です。


Dscf0390

港に戻ってきました。この建物が待合室。


Dscf0391

待合室前から灯台を見上げます。そろそろ船の出港時間です。続く・・・

より以前の記事一覧