フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

引っ越し騒動記

2019年4月14日 (日)

引っ越し騒動記2019(自動車編)

荷物の整理もそこそこに、先ずは転入届やイロイロな手続きをします。そして、、、

Img_8780

忘れてならないのが自動車の住所変更。軽自動車の場合、運輸局ではなく軽自動車専用の検査場へ行きます。

しかし、書類に書く事項の多いこと多いこと。何と言っても腹立たしいのは、車検証に書かれている内容(旧住所、台車番号、総重量などなど)をいちいち書かなければならないこと。このナンバーを書けばわかる話なのに、なんでイチイチ書かないといけないの?


Img_8785_1

ま、文句を言っても仕方ない。窓口に書類を提出しナンバープレートを「買い」ます。取り付けは自分で。で、そのナンバーは、なんと「千葉」、20年ぶりの千葉住まいの始まりです。

2019年4月13日 (土)

引っ越し騒動記2019(荷入れ編)

Dscf7981

そう、富士山が見えたという事は、愛知県から東に向かっているという事。東名を走ります。最初は慣れなかったこの車も、車高が高いので見晴らしはよく、運転しやすい車です。ただ、トラックなので乗り心地はイマイチ。長く運転していると腰が痛くなってきます。こういうところは乗用車はよくできています。


Dscf7987

さあ、引っ越し先に到着しました。トラックの扉を開けると、荷崩れすることなく無事に載っていました。


Dscf7991

自転車が出てきました。このように横置きできる広さです。

心配していた冷蔵庫も意外にあっけなく部屋に搬入できました。その代り手こずったのは洋だんす。軽いのですが、図体が大きいので取り扱いに苦労します。あーやこーやとしていると、下に段ボールを敷けばスムーズに移動できることを発見。このようにして、とりあえず荷物を部屋に入れ、レンタカーを返しに行ったのでした。

2019年4月12日 (金)

引っ越し騒動記2019(移動編)

Dscf7978

さて、荷物の積み込みも無事おわり、たった一年だけ住んだアパートを後にします。

 


そして移動途中から見えたのは・・・

Img_8758

こんなきれいな富士山。


Img_3643

こんなきれいな富士山を見たのは久しぶりです。


で、結局どこへ行くのか、水戸か?  続く・・・

2019年4月11日 (木)

引っ越し騒動記2019(引っ越し難民認定編)

さて、通常なら転勤が決まると即引っ越し業者を探すのですが。。。今年はニュースでも流れていましたが、どこに電話をしても「4月10日以降でないとお受けできません」とのつれない返事。 部屋を次の人に明け渡さないといけないので、それまでに荷物を出さないといけないので、4月10日というのんきなことは言ってられません。

去年も引っ越し難民大量発生か? と言われていましたが、実際は希望通りの日程で、何の問題もなかったので、今年もそうだろうと「タカ」をくくっていました。これはまずい、非常にまずい。。。

そこで考えたのがレンタカーで自分たちで荷物を運ぼう。早速豊橋のレンタカー会社に電話を掛けますが、皆さん考えることは同じなのか、「空きはありません」とこちらもつれない返事。

ならば引っ越し先のレンタカー会社に電話すると・・・おお、なんと希望通りの日程、車種で空きがあるではないですか。速攻で予約しました。

Img_8734

で、まず引っ越し先に行き借りてきたのはこんなレンタカー。二トントラックです。私の免許では8トン車まで運転できるのでOKです。

Img_8733

とりあえず車は確保できたものの、手伝いの人間はゼロ。一番の心配は重い冷蔵庫です。"ゆう"は身障者なのであてにできません。

荷だしは一階の部屋だったので、何とか一人で搬出し、トラックに詰め込めました。さあ、引っ越し先に出発しましょう。

さて今度は一人で搬入できるのかが心配です。(入れる部屋はちょっと階段の数が多い)  そして引っ越し先は? レンタカーのナンバーが「水戸」になっているが、水戸に引っ越すのか? くわ一家。

2019年4月 6日 (土)

引っ越し騒動記2019(荷造り編)

Dscf7968

先ずは荷造り。ここは通常通り。

2018年5月 3日 (木)

引っ越し騒動記2018(最終回)

さて、2018年の引っ越し、その行先は???

Img_4263

たたた、たはらしやくしょ?? どこだ? たはらって? そんな市があったのか???

Img_6594

忘れてならないのが自動車の住所変更。転勤族のみなさんはこれは手を抜きますが、ちゃんとやりましょうね。

Img_6601_2

で、変わったナンバーは・・・豊橋? くわ一家、一体どこに引っ越したんだ?? 終わり。

2018年5月 1日 (火)

引っ越し騒動記2018(その8)嵐山ジョギング

さてさて、その8まで引き伸ばした引っ越し騒動記。最終日のこの日、目的地へ行く前に、桜が満開の嵐山を早朝ランニング。

02070314_s_img_6491

帰省した時はいつも走るコースですが、桜のシーズンはほとんどありません。罧原堤を嵐山に向け走ります。


02065917_s_img_6485

おお、素晴らしい。京都生まれ京都育ち、しかもここまで走って10分もかからないところに住んでいましたが、嵐山でこんなに満開の桜を見るのは初めてです。


02065741_s_img_6481

山の斜面の桜も満開。そんな渡月橋を渡ります。


02065423_s_img_6475

渡月橋を渡り、愛宕山を見上げます。


02060121_s_img_6434

ちょうどその時、朝日が昇ってきました。


02060504_s_img_6436

テレビドラマ「必殺仕事人」シリーズに何度も登場していたこの橋を渡り・・・


02060841_s_img_6440

桂川沿いのこのようなサイクリングロードを、川下に向かって走ります。


02060938_s_img_6442

まるで青春ドラマのように、朝日に向かって走ります。


02061440_s_img_6445

渡月橋と松尾橋の中間あたりは流れが穏やか。


02061604_s_img_6446

もうこの辺りまで来ると嵐山からかなり離れ、観光客は全くいません。


02062403_s_img_6451

松尾橋をくぐり更に南下。松尾橋と上野橋との中間地点。


02062934_s_img_6452

先に見えているのが上野橋。ここで折り返します。


02063258_s_img_6453

今度は嵐山に向かって同じ道を走ります。私は往復同じコースを走るのが好きですが、ジョギング仲間は周回コースを好む人が多いようです。


02063524_s_img_6455

ここの左手は閑静な住宅地。


02063600_s_img_6456

先に見えているのは松尾橋。四条通の終点の橋です。


02063855_s_img_6461

以前はここに小島というすき焼きの料亭がありましたが、今は跡形もありません。


02065029_s_img_6466

さて、愛宕山が大きくなってきました。この後、渡月橋を渡り、対岸の罧原堤を走って帰ったのでした。


Img_0060

走行距離はなんと12km。いままでこのコースは10kmくらいだと思っていたのですが、意外と長かったのですね。今度走るのはいつの日でしょうか。 [前回走った時の記事]

2018年4月30日 (月)

引っ越し騒動記2018(その7)

思い出が多い小倉を発ち、引っ越し先へ行きましょう。

01100319_s_img_3411

引っ越し先はなんと本州。関門橋を渡り中国自動車道へ。ナビは山陽自動車道へ案内しましたが、少し遠回りにはなりますが中国自動車道へ。


01100329_s_img_3412

ここはまだ山口県だったような。


01113735_s_img_3414

広島県の七塚原SA。


01113817_s_img_3415

ここも桜が満開。そのほか中国自動車道の沿道も満開の桜が続きますが、わき見運転注意です。


01164644_s_img_6403

で、いきなりやってきたのが京都。くわ一家、京都にひっこしなのか? いやいや、実家に立ち寄っただけです。

私にとって京都の味は、懐石料理ではなく、湯豆腐のような京都料理でもなく・・・何と言っても餃子の王将。これ以上おいしいものはありません。


01165953_s_img_6404

やってきたのは嵐電帷子ノ辻駅近くの餃子の太秦店。餃子の王将は京都府北部や北九州にもありましたが、やはりココ太秦店(私は帷子の辻店と思い込んでいた)天津飯と餃子がサイコーです。


02094259_s_img_3516

ああ旨かった。ビールを飲んでほろ酔い加減で実家に戻る途中にある我が母校。今から約52年前の入学式の時もこの桜が満開でした。続く。。。

2018年4月22日 (日)

引っ越し騒動記2018(その6)

さてまだまだ続く引っ越し騒動記。今日は唐津から北九州に移動します。ええ、引っ越し先は北九州かぁ?

31092806_s_img_3280

おっと、その前に海舟周辺で唐津最後の桜を堪能。ここは海舟ナナメ向かいの城内ホテルの桜並木。城内ホテル、唐津にやってきたときに泊まったホテルです。あの時は夜遅くの到着でした。


31095628_s_img_3356

そしてこちらが城内ホテル正面の時の太鼓。


31095304_s_img_3345

天気がいいので子供が遊びに来ています。


31100024_s_img_3368

ここは日中の毎正時になると太鼓が「ドンドン」と鳴らされます。


31100059_s_img_3373_2

ただ、実際の音はこの太鼓ではなく、スピーカーから流れてくる音でした。残念。


31141201_s_img_3391

さて、唐津を離れ北九州の手前にやってきました。ここは前から目を付けていた桜の名所で、桜の季節は初訪問です。


31141509_s_img_3396

ここはゆうれい坂と呼ばれているところで、夜な夜な幽霊が・・・出るのではなく、空き缶を転がすと坂の上に転がっていくという、ニュートンもびっくりな場所です。


31141533_s_img_3400

微妙な坂の傾斜なんでしょう。


31142238_s_img_3403

「ゆうれい」という不気味な名前が付いているところですが、たくさんの人が訪れていました。


31171513_s_dscf7451

そんなこんなで小倉に到着。


31175841_s_dscf7454

九州最後の晩餐は足繁く通ったアソコ。


31180619_s_dscf7455

ここのもつ鍋は何回食べても絶品です。このようにして九州最後の夜は更けていきました。続く・・・

2018年4月21日 (土)

引っ越し騒動記2018(その5)

いよいよ唐津を離れる日がやってきました。

31062408_s_img_6337

唐津最後の日はジョギングでスタート。虹ノ松原で日の出を迎えました。

31064647_s_img_6349

帰りは老舗旅館の前から見える唐津城。去年の今頃、あの南光師匠の独演会を聞きに来た旅館です。

31065039_s_img_6365

そして舞鶴橋を渡り唐津城内へ。

31065540_s_img_6377

唐津城下の周回道路を走り海舟に戻ります。

31082012_s_dscf7439

海舟に戻り朝風呂に浸かったのち、朝8時から朝食。ここの朝食は早くても8時からなので、早朝から活動する人は要注意です。

31084043_s_dscf7442

食堂に飾られていた唐津くんちの絵。唐津くんち、もう一度見てみたいですね。続く・・・